日本人がカツラをかぶる訳、カツラを嫌がる訳(1/12)

(ハゲとカツラに関する日本人の意識の考察)※


現代の日本はハゲを気にする文化

現代の日本はハゲを気にする文化



カツラWithは、ネットショッピングの黎明期である2001年よりカツラのネット販売専門店を運営してきました。

15年でカツラを取り巻く環境はずいぶん変わりました。少しずつ社会が変容して行って、そしてお客様の考え方も徐々に変わってきたとは思います。

それでもまだやはり、カツラに関して世間では偏見がありますし、お客様も人からどう思われるかに対して神経質です。

そもそも日本で、なぜ「ハゲ」そして「カツラ」がこんなにも異端扱いされるのでしょうか?

なぜ日本人(今回は男性にスポットを当てています)がカツラをかぶろうと思うのでしょうか、そしてカツラを嫌がるのでしょうか?

その背景について考察して行ってみようと思います。

※このコラムの中では敢えて「ハゲ」という言葉を使っています。通常、カツラ販売者としては婉曲表現で「脱毛」と言い換えて使うのですが、心理に切り込むには「ハゲ」という言葉そのものを使わないと状況が伝わらないと思いますので、「ハゲ」と表現させて頂きます。



○日本人のカツラはここまでかというほど、細かいところまで気にする



カツラWithの製品は、インドネシアと中国で生産しています。

工場の担当者からよくいわれることがあります。

「あなたの会社から来るカツラの注文は、指定が細かすぎる」と。

私たちは、海外の担当者から嫌味を言われようが嫌われようがものすごく細かいことを要求します。

海外工場にとって、弊社はとてもめんどくさいお客さんであると思います。

でもなんといわれようが、とことん要求していきます。だって日本のお客様は非常に細かいところまで気にしますから。

日本人の好むカツラは、自然さが第一なのです。

お客様は毛の生え方、毛の流れ、毛量、もみ上げの形などなど挙げていったら切りがないほど気にされて要望されます。

例えば白髪の量ですが、耳の近くと後ろのほうだけは15%でその他の部分は10%でというよう細かいな注文はざらです。

日本人はとにかく繊細で要求が細かい!世界各国からの注文を受ける工場の担当者に聞くと、日本からの注文、特に弊社からの注文がダントツで細かくてめんどくさいそうです。

私は常々、「日本人を満足させる製品を作ることができれば、世界中からどんな注文が来ても大丈夫だよ。だから日本人相手に練習して自然な製品を作ってね」と言ってカツラ工場の担当者をなだめています。

大変だけどお願いねとなだめすかして、他国の注文よりも余計にお金を払って作ってもらうのが日本人向けのカツラなのです。

なぜ日本人のお客様は細かいことが気になるのか。

それはやっぱりカツラだとばれたくないからだと思います。

そしてそれは人の目を気にしているからです。髪の毛のことで他人から口出しされたくないからです。


次へ


シリーズ
日本人がカツラをかぶる訳、カツラを嫌がる訳 1/12
(ハゲとカツラに関する日本人の意識の考察)

1 日本人のカツラはここまでかというほど、細かいところまで気にする ←
2 小さい頃から使われる「ハゲ」という言葉
3 男性が人目を気にする相手は実は女性なのではない
4 ハゲることへの恐怖感
5 日本人男性がカツラをかぶる理由
6 日本社会は「恥の文化」を持つ
7 劣等感と優越意識
8 カツラが嫌われる理由
9 人間は若くありたいと思うし、かっこよくありたいと考えるもの
10 新しい潮流も出てきている
11 カツラが世間に認められる鍵は女子高生や女子大生が握っているかも
12 カツラショップの店長として思うこと


 - ハゲとカツラに関する日本人の意識の考察 , , , ,

  関連記事

男性同士でのからかい
人目を気にする相手は実は女性なのではない
日本人がカツラをかぶる訳、カツラを嫌がる訳 3/12(ハゲとカツラに関する日本人 …
劣等感・コンプレックス意識
劣等感と優越意識
日本人がカツラをかぶる訳、カツラを嫌がる訳 7/12(ハゲとカツラに関する日本人 …
カツラもオシャレアイテムになったらいいな
カツラショップの店長として思うこと
日本人がカツラをかぶる訳、カツラを嫌がる訳 12/12(ハゲとカツラに関する日本 …
カツラが嫌われる理由
カツラが嫌われる理由
日本人がカツラをかぶる訳、カツラを嫌がる訳 8/12(ハゲとカツラに関する日本人 …
人はかっこよくありたいと思うもの
人間は若くありたいと思うし、かっこよくありたいと考えるもの
日本人がカツラをかぶる訳、カツラを嫌がる訳 9/12(ハゲとカツラに関する日本人 …



▲ ページトップに戻る