極薄の男性かつら・・・最新技術とは?

男性かつらのトレンドは額の生え際の自然さ

極薄かつら生え際

極薄かつら額

男性かつらのヘアスタイルは、髪が短くてシンプルなため、
フェイスラインのリアルさが求められます

特に額の生え際といったフェイスラインは 皮膚から自然に毛が生えているように見える極薄かつらが望まれます。

ウィズでは、ナチュラルフロントというオプション仕様がこれにあたります。

映画の特殊技術に近いのですが、極薄の皮膚に同化させる ベース素材を使って、人工的な地肌を作り、そこに髪を植えるという植毛技術なのです。

額が後退して広くなっているM字型の薄毛やU時型のAGA脱毛の男性にお薦めのオプション仕様です。

現在のかつらで、自然に見せる技術では、この極薄タイプが最新です。

極薄の男性かつら・・・最新技術とは?

極薄の男性かつら・・・最新技術とは?



レースタイプとスキンタイプの2種類

ナチュラルフロント仕様には、 レースタイプスキンタイプがあります。

レースタイプ
ナチュラルフロント
レース拡大写真
かつら髪型拡大写真を見る

薄いレース素材ですので通気性が良く、
地肌に馴染みやすく自然に見えます。
スキンタイプ
ナチュラルフロント
スキン拡大写真
かつら髪型拡大写真を見る

肌にぴったり接着できる
両面テープの接着が良い


【レースタイプ】
地肌に当てるとレースの繊維が地肌と同化して見えなくなります。
レースの穴から下の地肌が透けて見えるので、ご自身の肌色を 生かして、自然な地肌感を演出できます。

【スキンタイプ】
皮膚に見える薄いポリウレタンを使用します。
透明色なので、下の地肌の色が透けて見えます。
そのスキン状のポリウレタンベースに毛を植えています。


極薄かつら生え際アニメ


ナチュラルフロント、どっちのタイプが良い?

どちらが良いか?とよく聞かれますが、これはその方その方のお好みに なります。

レースタイプよりもスキンタイプの方が、両面テープの接着が強くできるので、 固定がしっかりできます。

しかし通気性がないのが難点です。

レースタイプは強力が両面テープを使用して固定します。

レースなので通気性はしっかりあります。

通気性を選ぶならレースタイプ、耐久性はどちらもあまり変わりませんが、 レースタイプの方が毛が抜けにくいです。

ピタッと張り付くようにフィットさせたい場合はスキンの方がお薦めです。


レースタイプもスキンタイプも、薄くて自然な分、耐久性は通常より劣ります。

がっしりした作りの方が、耐久性は良いのですが、自然さを追求すると、 どうしてもベースを薄くしなければなりません。

その為、ウィズではこの部分を修理で交換できるようにしております。

その部分が駄目になると修理ができず、使い捨てのようになる ケースもあるようですが、それではいくら自然でも、経済的にコストがかかり 過ぎてしまいます。

最新の極薄技術を上手に取り入れて、快適なかつら作りに励みます!

ナチュラルフロントのレースタイプ着用時のヘアカット風景 かつら着用前モデル
【写真左】極薄ナチュラルフロントのレースタイプ着用時のヘアカット風景
【写真右】極薄かつら着用前モデル




 - オーダーメイドかつら , , ,

  関連記事

no image
男性かつらが格安?
男性かつらが格安? 男性がかつらを作成しようと思った場合に、まずCM等でよく知っ …
no image
男性用かつら専門会社のウィズ
男性用かつら専門会社のウィズ 男性用かつらは、今や数え切れないほどの会社で取扱っ …
no image
男性かつらのランキング
男性かつらのランキング ウィズの男性かつらで一番多くご注文頂いているのは、 オー …
no image
男性用かつらの値段の秘密
男性用かつらの値段の秘密 長年、他社製かつらをお使いの男性の方からよくこんな質問 …
no image
男性かつら専門店のお得な保障
男性かつら専門店のお得な保障 ウィズでは、男性かつら専門店として、お客様にご満足 …



▲ ページトップに戻る