チャウンテク逮捕報道に見る、韓国かつら事情

韓国かつらNews

チャウンテク逮捕報道に見る、韓国かつら事情

韓国文化界の皇太子

韓国では、朴槿恵大統領の機密情報漏洩のニュース報道が日に日に熱を帯び、大統領周囲の関係者が逮捕される事態に陥っています。

朴槿恵大統領の親友で「陰の実力者」として韓国の国政に介入していたと疑惑をもたれているチェ・スンシル容疑者。

彼女の側近中の側近と言われているチャ・ウンテク氏が逮捕されてソウル中央地検に入っていく時の姿がニュースになりました。

チャ・ウンテク氏は、元々K-Popのプロモーションビデオを作るなど韓国で有名な音楽監督していたそうですが、韓国の文化系予算を私的流用した容疑で、逃亡先の中国から帰国後に逮捕されたそうです。「文化界の皇太子」とまで呼ばれていた人です。

チャウンテク氏は、もともとイケ面でオシャレな雰囲気を感じさせます。髪型にも気を配っていたようで、おしゃれの一環としてかつらを装着されていたようです。

逮捕時には、こわばっているように見えたその顔にはめがね、そして頭には黒い帽子を被っていました。帽子からは黒々としたかつらの髪の毛が出ているのを確認できました。

しかし、2日後にソウル中央地検に入っていく時の姿は、なぜか、かつらを外してスキンヘッド状態でした。




韓国かつら文化

チャ・ウンテク氏は普段から、身だしなみとしてかつらを装着していたようです。

黒縁のメガネで小奇麗な服装でなかなかかっこよい文化人でした。

チャ・ウンテク氏は47歳ですが、前髪をおろして分け目をつけない若者風のヘアスタイルをしていて、かつらを装着していると、30代くらいに見えました。

かつらはかなり似合っており、チャ・ウンテク氏はかつらがない状態だと、実際の年齢よりもかなり老け込んで見えてしまっていました。

かつらのことについて韓国のマスコミでも報道されているようで、かつらだったことに結構注目されているのは、韓国は文化的に日本に近いように思えます。

横領したことは悪いことです。しかし、かつらを被ることは、決して悪いことではないと思います。




韓国のかつら事情

整形美容等が発達していることでもわかるように、韓国は外見を気にする傾向が強いようです。

女性はもちろんですが、男性も外見がどう思われるかということに関心が高いようで、男性でもかつらを装着される方は多いようです。

韓国のかつら関係の会社の方に話を伺ったのですが、かつらを使っている人は全体の5%~10%くらいではないかとのことでした。

日本のかつら人口は、全体の1~2%くらいでしょうか。

実は、韓国ではかつらは結構ポピュラーなものなのです。もともと韓国ではかつらの生産が盛んに行われておりました。現在では工場は近隣の東南アジアに移転してしまっていますが、かつらメーカーもたくさんあります。




韓国のかつらは日本のかつらとどう違う?

韓国のかつらは日本のかつらとどう違う?

韓国のかつらは日本のかつらとどう違う?

日本のかつらメーカーに某有名大手2社があるように、韓国にも有名な大手かつらメーカーが2社あるようです。

日本も韓国も大手と言われる2社の主流は人工毛です。ちなみに弊社は自然さを重視していますので人毛が主流です。

ただ、日本と韓国の大手メーカーでは、価格が違います。

そもそも日本と韓国では物価が多少違いますが、韓国で販売されている大手かつらメーカーの販売価格帯は、おおよそ15万円~20万円前後のようです。日本の大手メーカーではもっともっと高くなります。

弊社のように規模が小さなかつら会社も韓国にはあるそうですが、日本のようには数が多くはないようです。

韓国の場合は、大手と中小企業のメーカーの間でそれほど価格に違いはないため、なかなか生き残っていくことが難しい現状があるとのことです。

一方日本では、大手との価格差が大きいこともあり、弊社のような適正価格のかつらメーカーの需要が高くなってきています。

ここで話しているかつら会社とは、オーダーメイド等自然なかつらを作っている会社です。

他には安価なファッションウィッグを作っているメーカーもあり、このごろ日本でも若い女性の中で低価格のファッションウィッグがかなり使われるようになってきたようですが、韓国が輸出しているケースも多いです。

ちなみに、全世界で流通しているかつらの60%を韓国製品が占めているそうです。(かつら協会のパク・チヒョン理事談)




かつらを被ることは悪いことではない

チャ・ウンテク氏のかつらについてマスコミが報道していることから見て、韓国でかつらに対する位置づけというのは日本ほど悪くないにしろ特別視されていることは間違いないようです。

韓国は整形する人も多く、外見を変えることは日本より容認されているようではありますが、それでもやっぱりお洋服と一緒という見方はされてはないですね。

今回の韓国の報道を見て、かなりがっかりしました。

チャ・ウンテク氏は容疑者とはいえ、薄毛をカバーするかつらが、なぜそこまで騒がれて、辱めを受けなければならないのか疑問に思います。

薄毛であっても、女性が化粧することと同じように、男性もかっこよくなって何が悪いのでしょうか。

チャ・ウンテク氏が行ったたことは、法の下で裁かれなければなりませんが、かつらのことをどうこう人から言われることではないように思います。

かつらを被っていることは、男としての身だしなみでもあり、恥ずかしいことではないのです。

私自身もオシャレ用途でかつらを被っていますが、もっと気軽にかつらを愉しんでほしいと心から願います。

日本でもそうですが、韓国の報道を見て偏見に対して残念に思いました。




 - その他のカツラの話 , , , ,

  関連記事

no image
スマートかつらとは?
ウェラブルディバイスとしてのカツラ スマートフォンは今や、携帯では当たり前の時代 …
no image
スーツに合う男性用かつら帽子
スーツに合う男性用かつら帽子 男性用かつら帽子でスタイリッシュに変身したいとお考 …
no image
ウィズの鬘
鬘 ウィズの鬘は、全国の理・美容室のスタイリストといっしょに作ります。 ウィズで …
no image
ピン止めカツラについて
ピン止めカツラについて カツラの固定方法は、ピン止めの方法や両面テープ止めの方法 …
no image
部分カツラでお風呂は大丈夫?
部分カツラでお風呂は大丈夫? ウィズの部分カツラは、お風呂や就寝時には外して頂く …



▲ ページトップに戻る