• 電話
  • メール
  • メニュー
カツラ修理・補修

かつらベース生地(コーティング)の傷み|交換タイミングとは?

自然な生え際のカツラ スキンタイプ拡大写真

かつらベース生地のコーティング部分がウィークポイント

かつらのベースの中で、一番傷みやすいのはベース裏のコーティング部分です。

素材はメーカーによっていろいろありますが、ビニール、ポリウレタン、ナイロン系などの石油系の樹脂を使用しています。

コーティング剤を塗る理由は、主にテープや接着剤を留めやすくするためです。

また、人工皮膚の裏にもコーティング剤は使用されています。

はじめは柔軟性があり、ツルツルしてきれいなのですが、使い続けていると、1~2年で柔軟性がなくなり、硬化してきます。

そのうちひび割れが起こり、ひどくなると割れてバラバラ剥がれてしまいます
こうなってくるとウィッグ交換タイミングといえます。


ひび割れてしまったカツラのコーティング2

汗や皮脂はかつらベース生地の天敵

通常はそう簡単に劣化する素材ではないのですが、コーティング部分が直接 頭皮にあたっている場合、頭皮から分泌される汗や皮脂にまみれて過酷な環境になるため、傷みやすくなってしまうのです。

汗は、皮脂腺(ひしせん)から分泌する皮脂と乳化作用をおこすことにより、酸性の皮脂膜を作ります。

普段は、この皮脂膜が皮膚を覆い、皮膚表面に細菌が付着したり、科学的刺激・機械的刺激を受けたりするのを防いでいます。

汗そのものは、匂いや悪い作用もないのですが、時間が経ち空気に触れて酸化することにより、頭皮にもともとあった細菌を増殖させます。

そして、汗の中に含まれる脂肪を分解して悪臭の元を作ったり、酸化脂肪と細菌の強力な連合軍がかつらの裏側の樹脂を長い時間をかけて浸してヒビ割れを作ったりする原因となるのです。



人毛の男性用部分かつらお手入れ方法

毎日のお手入れ方法

お手入れといっても、毎晩カツラをはずしたときに、カツラの裏側の汗や脂分をきれいにふき取るだけです。

お手入れの際には、必ずタオルを水(あるいは、ぬるま湯)かで固く絞っている”水分のあるタオル”である必要があります。

乾いたタオルやティッシュペーパーでは水分は取れても、酸化した汗の成分は残ってしまうので、きれいになったように見えても、かつらの裏の樹脂組織を破壊する成分は残っていて、破壊しつづけるのです。

また、ウエットタイプの油取り紙も、よく油分が取り除けます。

毎日たった1~2分のメンテナンスで、かつらの裏側は驚くほど長持ちするのです。


各かつらメーカーで行われている「油抜き」というメンテナンスももちろんひとつの方法ではありますが、費用もかかりますし、わざわざサロンまで通わなければなりません。

そう考えると、毎日たった1~2分の作業の方が簡単で楽ではないかと思います。




かつら(ウィッグ)もっと早く使えば良かった

予備かつら(ウィッグ)は必要です!

スペアかつらを準備することをお勧めします

かつらには寿命(2~3年)があり、長く愛用していくと次のような傷みや劣化の症状が出てきます。 その人のお手入れ方法シャンプー洗髪保管方法セット方法などにより傷み具合も変わります。

かつらの毛が抜ける(ウィッグの脱毛)
カツラの髪が抜ける(汗による脱毛)
ベース部分のひび割れ
髪色が褪色する(人毛の場合)
髪の毛が縮れる(人工毛の場合) など


カツラの寿命はどのメーカーでも、毎日使うとして、おおよそ2・3年前後を目安と考えてください。もちろんメンテナンス方法の良し悪しによっても、耐用年数に差がでてきます。また、金額の高いカツラの方が寿命が長いという訳ではありません。

長く愛用していくとかつらの修理も必要になってきます。修理の場合、海外の工場へ送らなければならず、1ヶ月ほど修理期間がかかってしまいます。予備のウィッグがあれば、修理期間中も安心です。

スペアかつら(ウィッグ)は、絶対に必要!!というわけではありません。
しかし、Withのお客様から 「不慮の事故により破損してしまった!」「紛失してしまった!」 と、慌ててご相談のお電話を頂くことがあります!

かつらWithユーザー様からお聞きしたエピソード
『ウイズさんからスペアの必要性を聞いていましたが、私は大丈夫!と気にしていませんでした。ただ、2つあった方が長持ちするということで、それならと購入しておりましたところ、ある日、引っ掛けてしまい大きく破損してしまったのです。もうひとつのスペアがなければ会社に行けないところでした。40代・男性』

理由は様々ですが、実際に多くの方々から「このままじゃ仕事に行けない」「かつらがないと外出できない」「学校に行けない」と、本当に涙ながらにご連絡を頂くことがありました。
万が一・念のために、予備のカツラをお持ち頂いていると安心です。


予備のカツラと併用することをお薦めします

毎月の地毛カットのたびごとなど、定期的にウィッグを交換して、予備のカツラと併用することをお薦めします。

修理前のかつら
裂けてしまったウィッグのベース生地(コーティング)も、

修理後のかつら
補修修理をすることで、また安心して使っていただけるようになります。

かつら(ウィッグ)の修理も受付けています

お気に入りのカツラを長くご愛用いただくために、修理補修も積極的に承っております。

かつら修理は、一つ一つ手作業で行ないますので、同じ製品や工程であっても、 修理の仕上がり具合に多少の差が生じる場合があります。

また、あまりにも傷んでいるカツラの場合、物理的に修理することができずにかつら工場より戻ってくることや修理をお受けできないとお断りすること(全体の5%くらい)もありますので、ご了承下さい。

修理品の劣化状態により、修理後すぐに悪くなったり、他の部分も傷んで寿命となる場合もあります。また、作業工程上で修理品が破損する場合もあります。

修理代も大手カツラメーカーに比べて格安に設定していますが、使用年数が経っていて修理するよりも新調した方が安いという場合もあります。 ウィッグ交換タイミングをご検討ください。

カツラの寿命はどのカツラ会社でも、およそ3年前後を目安とお考え下さい

詳しくは『かつら(ウィッグ)の修理補修』をご覧ください。



かつらベース生地(コーティング)の傷み|交換タイミングとは? 関連記事



               
[   カツラ修理・補修            , , , ,  ]



   

どうぞ遠慮なくお問合せ下さい

お気軽にご相談ください

ご予約やご相談もコチラから承っております。

しつこい営業やセールスはいたしません。 他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • お気軽にお電話ください!0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

お問合せ・来店予約フォーム

ご希望の内容を選択して下さい 必須

お問合せ(オンライン相談)
来店予約(サンプル見学・ご相談)
来店予約(オーダーメイド検討)
来店予約(即納セミオーダー検討)

   お問合せ(オンライン相談)
   来店予約(サンプル見学・ご相談)
   来店予約(オーダーメイド検討)
   来店予約(即納セミオーダー検討)



お 名 前必須

メ ー ル必須

電話番号必須






送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。


メールでご相談の場合

info★katurawith.com

かつらウィッグお問合せ

感染症対策実施中
来店予約お問合せ
来店予約お問合せメール

来店予約お問合せ電話
pagetop