人工皮膚の破損:かつら修理 不可能な場合

かつら人工皮膚の破損の例

修理内容によっては修理をお受けできない場合がございます

かつら人工皮膚コーティングの傷みの例


人工皮膚の破損について
写真のように、人工皮膚部分が破れたり、裂けてしまったかつらを補修することは、物理的に難しいです。 仮に修理をしても、かつらの付け心地(フィット感)が変わったり、修理後、人工皮膚とベース布地のつなぎ目が破れたりする恐れがあります。


前のページに戻る



修理作業は一つ一つを手作業で行なっています

修理品カツラの劣化状態により、修理後すぐにまた悪くなったり、他の部分も傷んで寿命となる場合もあります。

また、修理作業上で修理品カツラが破損する場合もあります。

修理代金も大手カツラメーカーに比べて格安に設定していますが、使用年数が経っていて修理するよりも新調したほうが良い場合もあります。

修理内容によらず、あまりにも不潔、不衛生なものはお断りさせていただく場合がございます。

かつら修理をご依頼の際は、できる限り清潔な状態でお送り下さい。




WEBで今すぐかつら修理
かつら詳細別ページにお申込みフォームが開きます


【 Withヘアショップでも修理の受付を承っています 】
Withヘアショップにて修理の相談をしたい」という方へ、ヘアショップでもカツラ修理の受付を承っています。
事前にインターネットよりご予約の上、ご来店下さい。



 - かつら補修修理 , ,

  関連記事

no image
コーティングの破れ・破損:かつら修理 不可能な場合
かつらコーティングの破れ・破損の例 修理品の状態によっては修理をお断りさせていた …
no image
ベース生地の破れ・破損:かつら修理 不可能な場合
かつらベース生地の破れ・破損の例 修理品の消耗状態により、修理をお受けできないケ …
no image
かつら修理不可能な場合の例
修理内容によってはかつら修理をお受けできない場合があります かつら修理不可 例1 …
no image
かつら修理後のカット
カツラ補修後のカット仕上げは有償となります 増毛やフリースタイルAirプラス・分 …
no image
かつら修理補修 ヘアショップ修理受付の流れ
Withヘアショップ修理受付の流れ かつらの修理はWithヘアショップにて承って …



▲ ページトップに戻る