ペットボトル湯たんぽカバーを岩手に送りました

東日本大震災|ペットボトル湯たんぽカバーを岩手に送りました


微力ながら、継続可能な被災地支援を決意

かつらウィズは、微力ながら、継続可能な被災地支援をしていくことを決意しています。

私たちは、下記の支援者の組織を通じて、岩手のほうに物資を送る等の支援をしていくつもりです。

「ねまる」 http://www.nemaru.com/

この「ねまる」の活動は、現地で支援をされている方(アウィッシュの内山さん他)がいるので、きっちり現地の様子がわかるのです。

自分たちが送ったものが、現地でどうやって手渡され、どうやって使われるのかが把握できるのが、本当にありがたいです。

4月には、ネット仲間に募金をお願いして、岩手にホットカバーを送りました。





東北は、暖房器具がなく4月でも寒いとのこと。ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽとして利用しようと考え、ホットカバーを作成することになったのです。

ペットボトル湯たんぽカバーぽかぽか君作成概要

今回は、500セットを作成して寄せ書きもつけて、送ることができました。

到着した当日、なんと雪が降ったそうで、とても喜ばれたとのことでした。




また、現地避難者の方の毎日のご飯は、おにぎり&味噌汁とのことで、特に朝は冷たいおにぎりとなっており、とても大変とのことを知りました。

そこで、「ご飯のとも」を送ることにしました。ちょっと暖まるものがいいのではと思い、お茶漬けセットやコーンスープにしました。



「ご飯のともがほしいです」プロジェクト概要

細々ですが、持続できる活動をやっていきます!

がんばろう日本 次ページ
3・11かつらWithの対応と決意について



3・11かつらWithの対応と決意について

被災をされた方に、心よりお見舞いを申し上げます

「東日本大震災お見舞い申し上げます」
今回の巨大地震で被害に遭われ方に心からお見舞い申し上げます。 地震が広範囲に渡ったため、多くの方々が被害に遭われたのではないかと思い、とても心配をしております。 皆様のところは、大丈夫でしょうか? 詳しい説明はこちら

「無力と微力」
震災から一週間がたちました。 震災直後には、私は、自分自身が何もできないことに「情けない」と思い絶望と無力感を感じました。 「私に何が出来るだろう?」 詳しい説明はこちら

「継続してやること」
未曾有の大震災です。 今、日本中の方がほとんど心を痛めているとは思います。 たとえば、自分にできることをしなければと考えて、献血に多くの人が協力していると聞きます。 詳しい説明はこちら

「社会に生きる私達が考えなければならないこと」
福島の原発で大変なことが起っています。 今回、東京電力では上層部の判断ミスや情報のリリースがスムーズでないことに対して、マスコミをはじめ一般の人々からブーイングを受けています。 そんな中、原発の担当職員は… 詳しい説明はこちら

「ペットボトルで被災地を温めよう作戦への参加」
岩手のECで活躍されているアウィッシュの内山さんという方がいらっしゃいます。 同じネットショップをやっている仲間です。 その内山さんが、今回の地震で家を無くし避難所生活を余儀なくされている方々が寒さで大変な思いをされているのを目の当たりにして、どうにかしたいと… 詳しい説明はこちら

「ペットボトル湯たんぽカバーを岩手に送りました」
かつらウィズは、微力ながら、継続可能な被災地支援をしていくことを決意しています。 私たちは、下記の支援者の組織を通じて、岩手のほうに物資を送る等の支援をしていくつもりです。 「ねまる」… 詳しい説明はこちら




 - かつらWith概要

  関連記事

no image
平成28年熊本地震お見舞い申し上げます
被害に遭われ方に心からお見舞い申し上げます この度の平成28年熊本地震による震災 …
no image
かつらウィズのフェアトレード
フェアトレードで皆様のハッピーを提供しています! 「フェアトレード」という言葉を …
no image
がんばろう日本。私たちにできること
かつらWithの対応と決意について 平成28年熊本地震お見舞い申し上げます この …
no image
継続してやること
東日本大震災|継続してやること 未曾有の大震災です 未曾有の大震災です。 今、日 …
no image
カツラWithの経営理念 その2
「お客様もハッピー、スタッフもハッピー、パートナーもハッピー、 そしてウィズ自身 …



▲ ページトップに戻る