平成28年熊本地震お見舞い申し上げます

被害に遭われ方に心からお見舞い申し上げます

この度の平成28年熊本地震による震災被害に遭われました皆様、
心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い地震の収束と復旧・復興をお祈り致しております

4月14日より相次いで続く大きな地震。

私たちウィズ本社のある福岡県福岡市エリアでも、 震度5強とかなり強い揺れを感じました。

オフィスはビルの10階部分にあるため、大きな揺れを感じて、ちょっとしたパニックとなりました。

熊本の皆様が、どれほど大変な状況にいらっしゃるのか、 精神的に疲弊して、不安な気持ちで一杯だと思います。

そして、これ以上は被害が拡大しないことを祈りつつ、私たちにできることは何だろうと考え続けていました。

そんなとき、福岡市の高島市長が、熊本地震の被災者への義援金や支援物資を募る「WITH THE KYUSHU プロジェクト」を立ち上げたという ニュースを耳にしました。

私たちウィズのオフィスのすぐそばにある小学校で救援物資を受け付け、 集まった物資はトラックで熊本へ届けられるとのこと。

いち早く情報を得たウィズでは、いてもたってもいられず即行動しました。

近くの小学校が物資の拠点ということもあり、Withのスタッフ総動員で、毎日せっせと支援物資を持って行っています。

また、友人・知人へもフェイスブックやSNSでシェア拡散を呼びかけて、 多くの救援物資を募りました。

嬉しいことに全国にあるWithヘアショップからも救援物資が福岡に届きました。

毎日毎日、Withスタッフ総出で救援物資を小学校へ持って行っています。


私たちウィズの支援活動

熊本地震1日目1
福岡市では「WITH THE KYUSHU プロジェクト」として、支援物資の提供を呼びかけました。

熊本地震1日目7
初日の4月17日(日)は、13時から20時までの間に、旧大名小学校にて受付けられました。

熊本地震1日目6
まずは、ペットボトルの水、トイレットペーパー、タオル、おむつ、毛布、生理用品のみを受付です。

熊本地震1日目8
私たちWithで持って行ったトイレットペーパーです。写真中央の4段重ねの茶色の包みです。

熊本地震1日目5
福岡市の高島宗一郎市長も慌ただしく指揮を執られていました。

熊本地震1日目3
タオルを集める教室です。時間が早かったこともありまだ少量でした。

熊本地震1日目2
毛布を集める部屋です。毛布もまだまだ集まって無いようでした。

熊本地震1日目4
教室の脇には、義援金を集める募金箱も設置されていました。

熊本地震2日目1
4月18日(月)救援物資受付の2日目は警備員の方が配置されていました。

熊本地震2日目2
私たちWithからも毛布や生理用品やを持って行きました。

熊本地震2日目5
体育館でも受付を行っており、ボランティアのスタッフの方も増えていました。

熊本地震2日目4
集められた救援物資を品目ごとにダンボールに箱詰めしています。

熊本地震2日目6
梱包されたダンボールは、順次トラックに積み込まれて熊本へ出発しています。

熊本地震2日目3
地元テレビ局が取材に来ていて、インタビューを受けてしまいました。

熊本地震3日目3
4月19日(火)受付3日目です。受け入れ品目に栄養補助食品とウェットティッシュが加わりました。

熊本地震3日目1
私たちWithからもトイレットペーパー、おむつ、水などを持って行きました。

熊本地震3日目2
ペットボトルの水は福岡市内でも品薄状態となっていて入手に苦労しました。

熊本地震3日目8
受付3日目は校庭も開放されて、たくさんのボランティアの方たちが作業を行っていました。

熊本地震3日目4
集められた救援物資を品目ごとにダンボールに梱包していきます。

熊本地震3日目5
思いの詰まったダンボールをリレー形式でトラックに積み込みます。

熊本地震3日目7
多くの人の善意の協力により、たくさんの救援物資が集まりました。

熊本地震3日目9
グラウンドにも募金箱が設置されていました。被災地の復興に役立てて欲しいです。

熊本地震3日目6
不便を強いられている生活が少しでも穏やかになることを切に願います。

熊本地震4日目1
4月20日(水)受付4日目です。今日も小学校へ物資を運びます。台車が大活躍です。

熊本地震4日目2
小学校に到着すると、スタッフの方たちが品目ごとに仕分けされます。

熊本地震4日目3
今回の救援物資は、全国にあるWithヘアショップから届けられました。

熊本地震4日目4
WITH THE KYUSHU プロジェクトに賛同して、美容室のお客様などに声をかけて物資を集めたそうです。

熊本地震4日目5
フェイスブックやSNSでシェア拡散を呼びかけて良かった!ご協力に心から感謝です。

熊本地震5日目1
4月21日(木)受付5日目です。全国の美容室から集まった救援物資を小学校へ運びます。

熊本地震5日目4
あいにくの雨模様でしたが、体育館では多くのボランティアの方たちが作業を行っていました。

熊本地震5日目3
物資もだいぶ集まった様子で、受付ける品目も栄養補助食品とウェットティッシュとなりました。

熊本地震5日目2
教室の天井近くまで積み上げられた段ボール箱。これらは宇土市や上天草市へ運ばれます。

熊本地震5日目5
集まった物資を見て、私たちにできることや「一人じゃない、つながっている」と考えさせられました。


私たちにできる支援

その他にも、私たちにできる支援のご紹介です。

義援金・募金の窓口

「平成28年熊本地震」緊急募金
Yahoo!ネット募金
http://docs.donation.yahoo.co.jp/report/kumamoto.html


平成28年度熊本地震義援金の募集について
熊本県
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html

平成28年熊本地震災害義援金
日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

平成28年熊本地震 災害義援金の募集について
赤い羽根共同募金
http://www.akaihane.or.jp/topics/detail/id/403/

ふるさと納税で被災地支援

ふるさと納税で被災地支援の動き
わずか2日で南阿蘇村に約3577万円の寄付が寄せられたそうです。
http://www.furusato-tax.jp/alert_list.html



かつらWithがテレビ取材をして頂いた際に、レポーターとしてご来店されたお笑いコンビのトレンディエンジェルさん。
2015年開催の漫才大会『M-1グランプリ』で優勝し、副賞として「どん兵衛 10種類10年分」を獲得されが、熊本地震の影響で食糧不足が続く被災地へ、その副賞を送ることにしたそうです。

受け入れ体制や状況を冷静に判断しながら、皆で協力して、できることを息長く、継続してサポートしたいと思います。

がんばれ熊本!がんばれ九州!
WITH THE KYUSHU 福岡。



 - かつらWith概要

  関連記事

no image
2002年「試行錯誤」
10年間の歩みをエピソードとともに振り返ります 2002年「試行錯誤」 とうとう …
no image
2008年「男性用医療用かつらの開発」
10年間の歩みをエピソードとともに振り返ります 2008年「男性用医療用かつらの …
no image
2003年「自社開発メーカーに」
大手と同品質のものが何故ここまで安いのか?Withのウィッグ価格 3つの理由 価 …
no image
TRUSTeの取得について
プライバシー・ステートメント 個人情報秘守についてのかつら業界のリーディングカン …
no image
2004年「ライバルでなく、同志との出会い」
10年間の歩みをエピソードとともに振り返ります 2004年「ライバルでなく、同志 …



▲ ページトップに戻る