20160318_3 製品のお手入れ どうしてますか?

━━━━━━━━━━━━━━━
◆製品のお手入れ どうしてますか?
━━━━━━━━━━━━━━━

大切な製品をより良い状態で、長くご愛用するために、
日々のお手入れがとても大切です。

もうすでにご存知のベテランユーザー様もいらっしゃるかと
思いますが、(;^_^A

快適にご利用いただくために、ご紹介いたします。


………………………………………
毎日のお手入れ
………………………………………

製品を外した時に、裏側のベース布地や髪を
タオルで拭きましょう。

タオルは、水(または、ぬるま湯)を含ませて、
固く絞った”水分のある状態”で、内側の汗や皮脂の
成分をキレイに拭きましょう。

特に内側のコーティング部分に、汗や皮脂の成分が
残っていると、劣化が進みます。丁寧に拭きましょう。

▼メンテナンス方法はコチラ
http://www.iwig.jp/how0/how1


………………………………………
シャンプー&トリートメント方法
………………………………………

シャンプーは、基本的に1週間〜10日間に一回程度で
OKです(毎日装着している方の場合です)。

毛絡みに注意しながら、トップから毛先へ、毛流れに
沿って、洗い流すようにしましょう。

浸け置き洗いや押し洗いは、毛絡みの原因となるので、
絶対にしないで下さい。

過度のシャンプーは、髪や製品を傷める原因となります。
洗いすぎにも注意が必要です。

また、シャンプーの成分にも注意が必要です。
テレビでCMをしているような市販のシャンプーの場合、

・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
・ラウリル硫酸○○
・ラウレス硫酸○○

のような成分が含まれ、製品のデリケートな髪にとって
洗浄力が強すぎることがあります。

上記成分が入っていないか?パッケージ裏の成分表を
チェックしてみましょう。

▼With推奨シャンプーはコチラ
http://www.katurawith.com/bihin/bihin_wigshampoo.htm


………………………………………
ブロー&スタイリング方法
………………………………………

ブローの際は、毛絡みに注意しながら、ブラシで
優しく梳きながら、乾かしていきましょう。

スタイリングの際は、ハードスプレーやミストといった
キープ力の強い整髪料は避けましょう。

ハードタイプの場合、ノリの成分が髪に残って
白く固まり、髪を傷める恐れがあります。

水で洗い流せるソフトタイプの整髪料がお薦めです。

保管の際は、スタンドやセット台に置いて、形が
崩れないようにすると良いです。

▼With推奨ヘアブラシはコチラ
http://www.katurawith.com/bihin/wigbrush.htm

日々のちょっとしたお手入れの積み重ねで、製品の耐久性も
ずいぶんと変わります。是非、実践して頂ければ幸いです。




※この文章は2016年3月に送信したメールマガジンの内容です。
現時点での最新の情報と異なる場合があります。予めご了承下さいませ。




メルマガ登録 費用無料・年会費無料

メールマガジン会員募集
最新情報やお役立ち情報、 お得なキャンペーンのお知らせ、
メルマガ読者だけの特典もあり! 是非ご登録ください!



かつらWithメルマガ特典


すでにメールアドレスをご登録頂いているWithユーザー様へ

せっかくご登録頂いているメールアドレスが、既に変更になっていて、Withメールマガジンをお届けできないユーザー様も多くいらっしゃいます。 よくご利用されているメールアドレスに変更したいという方も、この機会にご登録をお薦めします。





 - メールマガジンのバックナンバー一覧 , , , ,

  関連記事

no image
20130927_3 ヘアショップ紹介 大阪・心斎橋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◆ ヘアショップ …
no image
20140620_1 ユーザー体験レポート紹介
こんにちは!ウィズの店長・宮崎でございます。 サッカーの祭典ワールドカップが盛り …
no image
20131116_2 Withヘアショップ講習会を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◆ Withヘアシ …
no image
20130101_1 明けましておめでとうございます!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■    __    / …
no image
20130720_2 旅行のときにどうしてる?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◆ 旅行のときにど …



▲ ページトップに戻る