抗がん剤(制癌剤)の種類

抗がん剤(制癌剤)の種類とは

抗がん剤は、制癌剤とも呼ばれ、錠剤のような飲み薬(経口薬)と、点滴や注射で注入する注射薬があります。

抗がん剤は、薬の作用や由来などにより、細胞障害性抗がん剤と分子標的薬とに種類があります。

細胞障害性抗がん剤

化学物質によってがんの増殖を抑え、がん細胞を破壊する薬です。

細胞障害性抗がん剤は、アルキル化剤、代謝拮抗剤、抗がん性抗生物質、微小管阻害薬、白金製剤、トポイソメラーゼ阻害剤等の種類があります。

アルキル化薬 ・・・がん細胞のDNA(細胞の遺伝情報をつかさどる細胞、デオ キシリボ核酸)を破壊し、がん細胞を死滅させる薬です。

代謝拮抗薬・・・がん細胞の酵素の働きを利用して、がん細胞の増殖を抑制し ます。

抗がん性抗生物質・・・がん細胞膜を破壊したり、がんのDNAの複製や合成を 阻害する薬です。

微小管阻害薬・・・細胞分裂の際に重要な役割を果たす微小管(びしょうかん) の働きを停止させ、がん細胞を死滅させる薬です。

白金製剤・・・DNAと結合することにより、がん細胞の細胞分裂を抑える薬で す。

トポイソメラーゼ阻害剤・・・DNAを合成する酵素(トポイソメラーゼ)の働 きを抑え、がん細胞の分裂を阻害する薬です。


分子標的薬

がん細胞のみが持つ特徴を分子レベルでとらえ、働きを抑える薬です。

従来の細胞障害性抗がん剤は、がん細胞のみならず、正常な細胞をも攻撃してし まい、毛髪の脱毛といった副作用が生じてしまいます。

しかし、分子標的薬は、分子レベルでがん細胞と正常な細胞を解明し、がん細胞 のみを狙って攻撃します。

近年の分子生物学の急速な開発により、有効な治療手段となりつつあります。


抗がん剤の種類について


以上のように、抗がん剤にはたくさんの種類があります。

抗がん剤は、がん細胞のみではなく、成長の早い細胞も攻撃する性質があります。

そのため、成長の早い毛髪の細胞が攻撃され、毛髪が抜けるという現象が 起こってしまいます。

ウィズで医療用かつらを必要とされるお客様も、同じように抗がん剤の副作用にて 髪が脱毛されています。

ただし、制がん剤は、日々開発され、医学は進歩しています。

患者様にとって副作用の少ない、ストレスの少ない新薬が求められています。

抗がん剤治療のさらなる医療技術向上が望まれます。



 - 抗がん剤治療 , , , ,

  関連記事

no image
がん診療連携拠点病院一覧
がん診療連携拠点病院とは 厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよ …
no image
北陸がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …
no image
2014年がん征圧全国大会に参加しました
がん征圧運動とは がん征圧運動とは、公益財団法人日本対がん協会が母体となってと推 …
no image
北海道がん診療連携拠点病院一覧
北海道にあるガン診療連携拠点病院 厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供 …
no image
抗癌剤治療に帽子感覚のかつら
抗癌剤治療による脱毛と心のケア 抗癌剤治療による脱毛は多くの患者様に広く知られて …



▲ ページトップに戻る