抗がん剤の脱毛対策に医療用かつら

抗がん剤と副作用

抗がん剤治療を予定している患者様が、治療に際して不安に感じるのは、制癌剤(抗癌剤)による副作用ではないでしょうか。

抗がん剤は、がん細胞のように速く細胞分裂をする成長細胞を攻撃して破壊する特徴があります。

しかし、がん細胞以外の正常な細胞にも、細胞分裂が盛んな細胞があります。

そのため、正常な細胞にも抗がん剤の薬剤による影響が生じてしまい、副作用が出てしまいます。

特に、毛根の細胞は分裂が盛んで、抗がん剤の副作用を受けやすく、薬の反応で髪が抜ける脱毛の症状が起こります。

抗がん剤の副作用は、患者様の病気の症状や薬の種類や量などによって脱毛の程度も様々のようです。

では、実際に抜け毛といった脱毛の症状が起きたときの対策をご紹介します。



抗がん剤の副作用による脱毛対策

抗がん剤治療に伴う副作用で起こる脱毛の対策には、スケジュールを見ながら適切なケアが必要です。

治療方針が決ったら、病院のお医者様より医療用かつらを準備するようアドバイスがあるかと思います。

※薬の種類によっては脱毛の副作用が出ない場合もあるようです。

副作用による抜け毛の多くは、抗がん剤を投与してから2週間~3週間くらいから始まると言われています。

脱毛の範囲は、頭全体の髪がごそっと抜ける場合もありますし、まばらに抜けることもあります。

そのため、頭全体をカバーできる全カツラ(フルウィッグ)が最適になります。

全かつらは、額の生え際~耳周り~襟足まで、頭全体をすっぽり覆う構造なので、脱毛対策には最善です。



かつらを準備するタイミングは?

抗がん剤治療が決ったら、投薬治療が始まる前にカツラをご用意されることをお薦めします。

なぜなら、治療を開始した後では、体調が不安定で外出することが難しくなる場合があるためです。

また家族の方などが付き添いで一緒に外出という場合も、都合の良い日程と患者様の体調とが、うまく合わない場合もあります。

思うように行動できないというケースがあるため、治療前の体調の良い時期に早めにご来店され、かつらを準備されることをお薦めします。

かつらを選ぶ際は、必ずご試着を行い、髪が脱毛すること想定しながら、少し小さめのサイズのカツラを選ばれると良いです。

ウィズでは、ご希望の医療用かつらのサイズや髪色や白髪量など、患者様に最適なかつらを複数種類ご用意しています。

そして、ご来店されたらスムーズにご試着してフィット感を確かめることが可能です。

セミオーダーの医療用かつら「メディフィット」なら、来店されたその日にカット仕上げして、装着したまま着けて帰ることができます。

即納できる医療用かつらなので、「急な治療で今すぐに必要」という脱毛対策にとても安心です。



脱毛対策と精神的負担を解消するかつら

医療用かつらは抗がん剤の副作用や円形脱毛症といった医療用途の患者様のためを想って開発された製品です。

医療かつらは薄毛や抜け毛をカバーすることだけが役割ではありません。

かつらには、精神的な負担や心理的ストレスを解消するという効果もありあます。

実際のお客様で、かつらを使用することで、「抜け毛やヘアスタイルの不安を解消することができた」

「がん治療に向けて気持ちにゆとりができた」というご感想をたくさん頂いています。

治療前と変わらない髪型で、がん治療に向けて、前向きに過ごすことができます。

抗がん剤治療を行うことが決ったら、お早めにかつらをご準備されることをお勧めします。

医療用カツラについて、詳しくはお電話やメールにてお尋ねください。


かつらお問い合わせ・ウィッグ無料相談

 - 抗がん剤治療 , , ,

  関連記事

no image
化学療法による脱毛の副作用
化学療法による脱毛 化学療法の場合、個人差がありますが、髪の毛が抜ける「脱毛」の …
no image
抗癌剤治療に帽子感覚のかつら
抗癌剤治療による脱毛と心のケア 抗癌剤治療による脱毛は多くの患者様に広く知られて …
no image
中国がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …
no image
大阪がん診療連携拠点病院一覧
大阪にあるガン診療連携拠点病院 厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供で …
no image
北陸がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …



▲ ページトップに戻る