脱毛の副作用がある抗癌剤 薬一覧

副作用の脱毛はなぜ起きる?抜け毛のタイミングは?

脱毛は、頭皮の毛根細胞が抗癌剤に影響を受けることで発生します。

脱毛は、髪の毛が抜けるだけではなく、眉毛やまつ毛といった体毛すべてが影響を受けることがあります。

抗癌剤を投与してからおよそ2~3週間くらいで抜け毛が起こるのが一般的のようです。

そして、治療後、およそ1~2ヶ月くらいで髪が生え始め、一年ほどで元の髪量まで回復すると言われています。

しかし、以前の髪量より少なく薄毛になったり、髪質が変わってクセ毛になったというケースもあるようです。

また、治療を行うすべての患者さんが、抜け毛の副作用が起こるわけではありません。

薬剤の種類や投与の方法や薬の量などによって、脱毛の状態に個人差があるようです。



脱毛の副作用が起こりやすい薬一覧

抗癌剤は種類によって脱毛が起きやすい薬と、副作用が少ない薬とがあります。

以下の薬一覧は脱毛の副作用が起こりやすいといわれています。

・ドセタキセル(商品名:タキソテール)
・バクリタキセル(商品名:タキソール)
・エビルビシン (商品名:ファルモルビシン )
・ドキソルビシン(商品名:アドリアシン )
・シクロフォスファミド(商品名:エンドキサン)
・メトトレキサート(商品名:メソトレキセート)


この他にも、ドキシル、ラステット、カンプト、イホマイド、オンコビン、ブレオ、フィルテジン、シスプラチン、アプラキサンなどがあります。

以上のように、抗癌剤の種類は様々です。

治療の方針やスケジュールが決ったら主治医の先生に、抗癌剤の副作用について事前に確認されることをお薦めします。



副作用による脱毛の対処方法は?

治療を行うスケジュールが決ったら、髪は短くカットして、治療に備える患者さんが多いようです。

髪を短くすることで、抜け毛の量が少なく済み、髪のお手入れが手軽なことと、脱毛による心理的な負担や心のダメージを軽減する効果があります。

また、帽子やバンダナやスカーフなどを使って脱毛をカバーすると良いです。

ウィズでは医療用かつらを利用することを強くお薦めします。

なぜなら、TPOによっては帽子やバンダナでは不都合な場面があるからです。

例えば、冠婚葬祭に出席する場合や、格式のあるレストランでの食事や、ビジネスでの大切な商談の場面などです。

ウィズのお客様で、日頃は帽子を利用しているが、帽子では支障がある場面では、医療用かつらを活用している、という方が多くいらっしゃいます。

医療用かつらと帽子やバンダナなど、ヘアアイテムを上手に利用して脱毛を対処しましょう。



 - 抗がん剤治療 ,

  関連記事

no image
東北がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …
no image
切らずに治す重粒子線治療とは?
重粒子線治療とは、重粒子線を活用した放射線治療 がん治療には大きく分けて以下の3 …
no image
近畿がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …
no image
東海がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …
no image
陽子線治療とは?まだまだ費用は高額?施設や病院は?
放射線治療とは がんの3大治療といえば、外科手術・抗がん剤治療・放射線治療が挙げ …



▲ ページトップに戻る