陽子線治療とは?まだまだ費用は高額?施設や病院は?

放射線治療とは

がんの3大治療といえば、外科手術・抗がん剤治療・放射線治療が挙げられます。

この放射線治療とは、放射線を直接がん細胞に照射して細胞のDNAにダメージを与え、がんの組織を破壊するというようなものです。

治療の際には、X線やガンマ線を用いて、がん細胞へ向けてあらゆる角度から少量ずつを当てていきます。

色んな角度から照射する理由は、同じ方向で照射を続けると正常な細胞が何度も損傷を受けて死滅してしまうためです。

放射線治療では、正常組織のDNAもダメージを受けるそうですが、正常組織の方は回復が早く、がん組織の方が損傷を受けて死滅して効果が出てくるというわけです。

X線やガンマ線を用いた従来の放射線は、身体を透過するという特性があります。

そのため、X線やガンマ線を用いた治療では、がん周辺にある正常な組織も傷つけてしまうことがあります。


陽子線治療とは

陽子線治療とは、がん細胞への放射線治療法のひとつで、放射線のなかの陽子線を用いてガンの治療を行います。

陽子は、水素という最も軽い元素の原子核で、それを加速したものが陽子線です。

放射線と聞くと、X線やガンマ線が一般的ですが、陽子線も放射線の一種なのです。

陽子線治療では、放射線が身体を貫通するのではなく、身体のある深さで透過が止まる性質があります。

その特性のため、正常な組織への照射量を抑えてダメージを減らすことが可能とのことです。

正常な細胞に対しての損傷を抑えることができるので、大切な臓器が近くにあるがん治療では特に有効です。

陽子線治療の主な適応部位は、前立腺がん、食道がん、頭頸部がん、肺がんなどが挙げられます。

一回の治療では約30分程で、通常は仰向けの状態で照射を行うとのことです。

一日一回、週4・5回程度と、従来の放射線治療よりも少ない回数で治療することもできるそうです。


先進医療の陽子線治療

陽子線はがん細胞を効率よくピンポイントで狙い撃ちすることが可能です。

がん細胞以外の正常な細胞は、放射線量のダメージが最小限に抑えることができるので、身体への負担や副作用が少なくなります。

身体への負担が少ないので高齢の患者さんにも安心で、治療後の社会復帰も円滑に行えます。


2014年の時点で、陽子線がん治療施設は全国9ヵ所にあります。

北海道大学病院陽子線治療センター (北海道札幌市)
南東北がん陽子線治療センター(福島県郡山市)
筑波大学陽子線医学利用研究センター(茨城県つくば市)
国立がんセンター東病院(千葉県柏市)
静岡県立がんセンター(静岡県駿東郡)
福井県立病院 陽子線がん治療センター(福井県福井市)
名古屋陽子線治療センター (愛知県名古屋市)
兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県たつの市)
財団法人メディポリス医学研究財団がん粒子線治療研究センター(鹿児島県指宿市)


なお、放射線治療の場合は保険が適用されるが、陽子線治療は先進医療のため健康保険の適用外となるそうです。

健康保険適用外のため、陽子線治療にはおよそ300万円程の費用がかかるとのこと。

最近では先進医療をカバーするタイプの保険もあるので、保険で賄うことも可能です。

陽子線治療とは?まだまだ費用は高額?施設や病院は?

医療かつらとは、円形脱毛症やがん化学療法などの医療目的の方が使うカツラ



 - 抗がん剤治療 , ,

  関連記事

no image
脱毛の副作用がある抗癌剤 薬一覧
副作用の脱毛はなぜ起きる?抜け毛のタイミングは? 脱毛は、頭皮の毛根細胞が抗癌剤 …
no image
切らずに治す重粒子線治療とは?
重粒子線治療とは、重粒子線を活用した放射線治療 がん治療には大きく分けて以下の3 …
no image
粒子線治療の副作用で脱毛する?治療費用は高額?
粒子線治療(陽子線治療・重粒子線治療)とは 近頃、放射線治療の新しい手法として注 …
no image
甲信越がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …
no image
抗がん剤の脱毛対策に医療用かつら
抗がん剤と副作用 抗がん剤治療を予定している患者様が、治療に際して不安に感じるの …



▲ ページトップに戻る