2014年がん征圧全国大会に参加しました

2014年がん征圧全国大会



がん征圧運動とは

がん征圧運動とは、公益財団法人日本対がん協会が母体となってと推進されている活動で、 がん予防の正しい知識の徹底と、早期発見・早期治療の普及に全国規模で取り組んでいます。

毎年9月は「がん征圧月間」で、日本各地でがん予防や検診の呼びかけや啓発イベントが開催されています。

このがん征圧月間のハイライトは「がん征圧全国大会」で、2014年度は福岡市で行われました。

大会のテーマは、「がん征圧の更なる決意~アジアの中心・福岡から~」です。

日頃からがん治療や研究開発に取り組んできた全国各地のがんセンターの先生や医師会などの医療関係の方々が一堂に集まり、 団体や個人の表彰や講演が行われました。

会場のアクロス福岡のメインホールは満員で、第2会場も設けられていました。

入場者数は約3,000人と大盛況でした。

がん征圧運動とは





がん予防のためのがん検診

現在、日本人の2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなっているそうです。

がんを防ぐためには、生活習慣病の改善はもとより、定期的な検診が欠かせません。

早期の段階のがんは、病気の症状が出ないそうです。

そのため、何も症状がないので検査を受けないという方もたくさんいるのですが、症状がないから検診を受けないというのは間違っているとのこと。

症状が見られないうちから早めに検診をすることがとても大切だそうです。

このように、がん予防についての知識がまだまだ一般に浸透していないのが現実です。

全国のがんの受診率は50%以下だそうです。

定期的に受診をすることで、早期がんの90%は治すことができるとのこと。

大会では、「面倒?こわい?忙しい? 言い訳しないで検診へ」 をスローガンに、がん検診の必要性を訴えていました。

今回のシンポジウムにて採沢された大会宣言・決議にもとづいて、がん対策の要望を国会や政府諸機関などに提出されるそうです。

がんという病気と向き合い、予防と早期発見の大切さを伝えることも不可欠だと感じました。



 - 抗がん剤治療 , , , ,

  関連記事

no image
切らずに治す重粒子線治療とは?
重粒子線治療とは、重粒子線を活用した放射線治療 がん治療には大きく分けて以下の3 …
no image
九州がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …
no image
抗がん剤治療で脱毛する理由とは
副作用で脱毛する理由 抗がん剤は、がん細胞のように増殖スピードの速い細胞を攻撃し …
no image
抗癌剤治療に帽子感覚のかつら
抗癌剤治療による脱毛と心のケア 抗癌剤治療による脱毛は多くの患者様に広く知られて …
no image
がん化学療法のための医療用かつら
医療かつらお客様からのクチコミ評価レビュー 現在、ガンは、早期発見・早期診断・早 …



▲ ページトップに戻る