がん化学療法のための医療用かつら

医療かつらお客様からのクチコミ評価レビュー

現在、ガンは、早期発見・早期診断・早期治療をすることで、高い確率で完治できるようになっています。

がんの進行具合や症状や部位にもよりますが、抗癌剤や制癌剤や放射線治療といった化学療法で病気を克服したという患者さんは多くいらっしゃいます。

私たちウィズにも、このように病気と闘っている患者様が、化学療法の副作用にて髪が抜けたタイミングでご来店されています。

病院のお医者様に、治療の副作用で毛髪が抜ける恐れがあるので、脱毛期間を過すための帽子やカツラを準備するようアドバイスされたという方がいます。

また、ご家族や親戚の方が心配してカツラを勧められたという患者様もいらっしゃいます。

実際にご注文頂いたお客様からは、入院期間中にカツラがあったので治療に専念できて、心強かったとの感想を頂いたこともあります。

また、髪がないと、仕事の取引先関係に病気のことを不安に思われるので、カツラが必要で準備したというお客様もいらっしゃいました。

完治しようと必死で化学療法を受けているときにかつらがあって本当に助かった、心のケアのために不可欠であったとアンケートでもたくさんの方が答えています。


クオリティ・オブ・ライフのためのカツラ

退院して体調が良くなり、社会復帰をするという時になって、髪が抜けていると何かと支障をきたすと切実に考えられるようです。

クオリティ・オブ・ライフ(quality of life、QOL)という言葉をご存知ですか?

クオリティ・オブ・ライフとは、一人一人の人生の質や社会的に見たときの生活の質のことを一般的に指します。

どれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか?ということをとらえる概念ともいえます。

クオリティ・オブ・ライフの「幸福」とは、身体の健康や心の健康、家族や友人といった人間関係、責任のある仕事ややりがい、快適な住空間、十分な教育など、価値観は人それぞれにあります。

病気のことを知らない人に、「どうしたのですか?」と聞かれ、そう親しくない人にまで、病気の説明をしないといけない、というのはとてもストレスに感じます。

クオリティ・オブ・ライフの向上のためにも、かつらは価値を生む便利なアイテムと考えます。

脱毛した髪の毛は、病気治療期間から1年間くらいでまた生えてくると言われています。

期間限定で、短い間だけしか使わない医療用途のかつらですが、その一年間だけはとっても役に立つはずです。


抗癌治療の脱毛に医療用かつらウイッグ抗ガン治療(制ガン治療)の方はお早めに

医療カツラとは、がん化学療法の副作用による抜け毛や脱毛症など、医療用途で使うかつらです。。写真はイメージです。



 - 抗がん剤治療 , , ,

  関連記事

no image
北海道がん診療連携拠点病院一覧
北海道にあるガン診療連携拠点病院 厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供 …
no image
四国がん診療連携拠点病院一覧
厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよう、全国100数箇所の病院 …
no image
がん診療連携拠点病院一覧
がん診療連携拠点病院とは 厚生労働省では全国どこでも質の高い癌医療を提供できるよ …
no image
抗癌剤治療に帽子感覚のかつら
抗癌剤治療による脱毛と心のケア 抗癌剤治療による脱毛は多くの患者様に広く知られて …
no image
抗がん剤治療で脱毛する理由とは
副作用で脱毛する理由 抗がん剤は、がん細胞のように増殖スピードの速い細胞を攻撃し …



▲ ページトップに戻る