がん治療で脱毛「外見ケア特約」給付金10万円

がん治療で脱毛「外見ケア特約」医療用ウィッグ給付金10万円

がん治療で脱毛「外見ケア特約」医療用ウィッグ給付金10万円

医療用ウィッグ給付金10万円

先日、 「アフラック」でお馴染の保険大手アメリカンファミリー生命保険は、主力のがん保険でがんの治療で頭髪が抜けた場合などに保険金を支払う「外見ケア特約」を4月から新たに導入するというニュースがありました。

がん治療の副作用や手術による外見上の変化に対するケアを目的とした保障を実施する特約で、がん治療による頭髪の脱毛に対する保障としては、生命保険業界で初の試みだそうです。

現代ではがんになっても今までと変わらず仕事を続ける人が多く、治療をしながら仕事をするのが主流になりつつあります。

その過程で治療中の副作用で外見が変化することを不安に思う人も多いと思います。

がんの治療に抗がん剤を使用すると、頭髪や体毛の抜け毛や脱毛の副作用が出る場合もあるが、医療用ウィッグの購入代は治療費とは別で医療費控除も適用されない。

今回の外見ケア特約はそういった不安や負担を少しでも軽減出来ればと保険会社が考えて商品化したそうです。

6割近くの方が抗がん剤の副作用で脱毛

今回の「外見ケア特約」を付けると、がん治療が直接の原因として頭髪が抜けたと診断された場合、10万円が給付されます。

特約保険料は、男性は30歳で月20円、60歳で164円。女性は30歳で32円、60歳で111円。

がんの摘出手術で顔や手足を切除した場合も特約の対象となり、20万円が給付されます。

アフラックが自社のがん保険契約者に調査したところ、治療を受けた約3人に1人で外見に変化が生じたそうです。

このうち6割近くの人で、抗がん剤の副作用による頭髪や眉毛の脱毛が起きたようです。

ウィッグの購入費用は平均11・7万円で、この金額を参考に給付金額を設定されました。

保険料が出ることで、ウィッグの選択肢が増え、より高品質でご自分の髪に近い自然なウィッグを手に入れることが出来ます。

QOL クオリティ・オブ・ライフ

納得いくウィッグを手に入れることで、大変な治療に少しでも前向きに取組めたり、今までと同じように友人と会えたり、変わらず仕事を続けたりと、精神的なプラス面は多々あり治療中のウィッグの力はとても大きく感じます。

筆者自身の周囲の家族・親戚・友人にもがん経験者は多く、半数以上は抗がん剤を経験し、女性患者は全て医療用ウィッグを購入していました。

闘病中でも出来る限り今までと同じように生活を送る上で、見た目の外見面だけでなく、安心感や自信など精神面の充足がとても重要になってきます。

医療用ウィッグはその中で大切なアイテムのひとつではないでしょうか。

がん治療に取組む人にとって朗報の今回の「外見ケア特約」。

今後、他社においても同様のサービスの導入が予想されます。

 - 医療用カツラあれこれ

  関連記事

関連記事はありませんでした




▲ ページトップに戻る