かつらの生え際をあんまりさらさないで

かつらの生え際をあんまりさらさないで

オールバックは、昔から定番のヘアスタイルの一つです。

しかしカツラとなると、ちょっと違ってきます。

額、こめかみ、揉み上げなどの生え際が、自然さを出すのが一番難しい箇所なのです。

これらの部分をカバーするタイプのカツラの場合は、あまり生え際を目立たせると、その分、バレバレとなるリスクが高くなります。

よく電車の中で見かける中高年の男性で額をあらわにしている方がいましたが、額から急にたくさんの毛が生えている感じが、いかにも不自然でカツラっぽく見えました。

自然の生え際は、端の方は毛がまばらですが、毛は奥に向かってだんだん濃くなっていきます。


今は生え際を自然に見せるタイプの製品もありますが、それでもピッチリと額を撫で付けるのではなく、フワッと立ち上がらせながら後ろに流す程度が自然に仕上がります。

全てフロントをさらすのは、お薦めできません。

あとは、額にパラッと前髪が少し落ちた程度にすると、更に自然度がアップすると思います。

鏡の前で自然に見える加減を研究してみると良いでしょう。




 フロント全開のオールバックスタイルはかつらに不適格。
 生え際は全てさらさず、さりげなく見せるくらいのスタイルに!






 - バレないかつら装着ワンポイント

  関連記事

no image
自毛が伸びすぎて、かつらと合わない
自毛が伸びすぎて、かつらと合わない 私の家の近所に、とっても評判のいい病院があり …
no image
不自然にクログロとしたかつら
不自然にクログロとしたかつら 自然な髪で、墨汁のような真っ黒な髪というのはまずあ …
no image
ツーブロックスタイルのかつら
ツーブロックスタイルのかつら かなーり前(恐ろしく昔なのに、軽々と思い出せる自分 …
no image
かつらと白髪の量が違いすぎ
かつらと白髪の量が違いすぎ かつらに白髪は入れられます(ウィズの場合は無料です) …
no image
かつらと自毛との境目が、一直線でぱっかり
かつらと自毛との境目が、一直線でぱっかり ある朝、電車のホームで、自毛とカツラの …



▲ ページトップに戻る