かつらのもみあげがピロピロ

かつらのもみあげがピロピロ

揉み上げを見せるかつらの場合は、揉み上げ部分がめくれない様に注意が必要です。

カツラでは、揉み上げ部分には銅線が入っていて、めくれない様に配慮されているものがほとんどですが、骨格の形や自毛の残り具合によっては、浮いたりめくれた様になったりすることがあります。


装着した時は大丈夫でも、髪をといた時にかつらの揉み上げ部分が引っ張られて浮いた状態になり、鏡でチェックせずにそのまま気づかずに出歩いていた、なんてことのないように注意しましょう。

以前、かつらユーザー歴25年の男性が私の正面に座った際、揉み上げ部分が浮き上がっているのに気がつきました。

こんなベテランで上手に装着されている方でもこんなことがあるのかと、大変驚きました。暑い中忙しく動き廻って、頭に注意が行き届いてなかったようです。


暑くて汗をかいている時や、忙しく動きまわっている時は要注意です。

めくれやすいと感じる方は、両面テープか専用の接着剤で留めておくなどして、安全策を講じておく事をお薦めします。




 もみあげのめくり上がりにご注意を。
 定期的に鏡を見て、チェック・チェック!






 - バレないかつら装着ワンポイント

  関連記事

no image
かつらの毛先がちりちり
かつらの毛先がちりちり 人工毛のかつらに起こる、毛先からチリチリと縮れてくる「ピ …
no image
かつらの生え際をあんまりさらさないで
かつらの生え際をあんまりさらさないで オールバックは、昔から定番のヘアスタイルの …
no image
かつらと自毛との境目が、一直線でぱっかり
かつらと自毛との境目が、一直線でぱっかり ある朝、電車のホームで、自毛とカツラの …
no image
かつらの装着位置も大切です
かつらの装着位置も大切です 額の広さは、年齢を重ねるうちに広くなっていくのが自然 …
no image
ありえない髪型のかつら
ありえない髪型のかつら たまにへんてこな髪型をした人をみかけます。 思わず見てし …



▲ ページトップに戻る