かつらにかつらが必要

かつらにかつらが必要

かつらは消耗品です。

使っているうちに、かつらの毛が引っ張られて毛が抜けることもありますし、人工皮膚部分が劣化してカツラの毛が脱毛してくる場合もあるのです。


早いうちに増毛や人工皮膚の取替えなどの修理をすれば良いのですが、中にはそのまま使い続け、どんどんかつらの脱毛が進んでかつらのベースが丸見えになってしまっている場合があります。

人工皮膚部分を目立たないように黒マジックで塗ったり、脱毛部分を隠す為に分け目を変えてバーコード状態にされている方もいました。

ひどい場合は、そのままベース生地をさらしたままになっておられる方もおられました。

これでは、何の為のかつらかわかりません。

かつらの上に、もう一つかつらが必要な状態なのです。

せっかくのカツラなんですから、適切な時期に修理に出して本来の形で、かっこよく着こなしたいものです。

また、ネットベースが劣化してほつれ、その為に脱毛したり、2~3年して毛に力が無くなってきたらかつらの寿命です。

修理しても、もとには戻らないこともあります。そんなときは、買い替えの時期と考えましょう。




 かつらは、ちゃんとしたものをかっこよくかぶって、初めて意味がある。
 修理や買い替えにも時間が必要なので、早めに対処を考えよう!






 - バレないかつら装着ワンポイント

  関連記事

no image
年齢に不相応なかつらの毛量
年齢に不相応なかつらの毛量 歳とともに、人間、老化してきます。 シワ、シミ、タル …
no image
かつらと自毛との境目が、一直線でぱっかり
かつらと自毛との境目が、一直線でぱっかり ある朝、電車のホームで、自毛とカツラの …
no image
水しずくをはじく人工毛かつら
水しずくをはじく人工毛かつら 人工毛は化学繊維です。 雨がふったときなど、水をど …
no image
かつらの毛がフッサフサ
かつらの毛がフッサフサ この前、テレビのニュース番組でインタビューされていた50 …
no image
かつらの襟足がハネている
かつらの襟足がハネている ひよこのしっぽのようにピョっとはねている方がいます。 …



▲ ページトップに戻る