かつらの装着位置も大切です

かつらの装着位置も大切です

額の広さは、年齢を重ねるうちに広くなっていくのが自然です。

長年かつらを利用されている方で、かつらの装着位置が何年立っても20代のままという方がいらっしゃいました。


長年その位置でつけているので落ち着くのだそうですが、年齢からみるともう少し額を広く取った方が自然に見えます。


逆に20代など年齢が若い方なら、ある程度額がせまい方が自然です。額が広過ぎると、せっかくかつらをつけても、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

スタイリストさんと相談して装着位置が決まったら、「眉毛から指4本分の位置」などと、覚え易い方法で記憶しておきましょう。


正しい装着位置でないと、ピンなどの留め位置がずれたり、脱毛部分をカバーできなくなる場合があります。

また、他人から見ても何だか変てこな髪型と思われる恐れもあります。

なんとなくつけていると知らず知らずに癖がでて、装着位置がずれてきたりするものです。

納品時にスタイリストさんと丁度良い付け位置を再確認し、できれば写真などとっておくと朝の装着時の参考になります。

また、御家族など自分以外の人に定期的にチェックしてもらい、位置を確認してもいいのではないかと思います。




 かつらの付け位置は、適正な場所に。
 いくらカツラ自体が良くても、付ける位置で台無しになる!






 - バレないかつら装着ワンポイント

  関連記事

no image
かつらはストレートヘアー、自毛は癖毛
かつらはストレートヘアー、自毛は癖毛 駅のホームで電車待ちをする為に、ある男性の …
no image
髪型がヘルメットなかつら
髪型がヘルメットなかつら 髪に動きがなくガチガチなヘアスタイルの方。 これは、人 …
no image
かつらのつむじはどこに?
かつらのつむじはどこに? 頭のつむじの場所って、自分ではあまり気にしませんよね? …
no image
かつらと白髪の量が違いすぎ
かつらと白髪の量が違いすぎ かつらに白髪は入れられます(ウィズの場合は無料です) …
no image
かつらと自毛との境目が、一直線でぱっかり
かつらと自毛との境目が、一直線でぱっかり ある朝、電車のホームで、自毛とカツラの …



▲ ページトップに戻る