かつらと自毛の間に、地肌が見える?

かつらと自毛の間に、地肌が見える?

実は、かつらをリピートされる理由で結構多いのは、かつらのサイズが合わなくなったというものです。

かつらのサイズよりも、頭の脱毛エリアが大きくなったということです。

かつらのサイズは修理で変更することはできません。

しかし、薄毛のエリアは拡大してくることがあります。そして、かつらを追い越してしまうのこともあるのです。

今まで使っていたカツラが合わなくなってしまい、悲劇は起こるのです。

この前、電車で出会ったサラリーマン風の男性に、私は目を奪われました。

もう目が離せないのです(もちろん、失礼とならないよう後ろからそれとなく見てました)。

遠くから見ると、髪と髪の間に肌色のラインがスッと走っているのです。

何かなと、私は近づいて見ました。

それは、かつらと自毛の間に隙間ができて、地肌が見えていたのです!

「ちょっとおかしいかな」どころの騒ぎではなく、明らかにおかしい!

こうなると、カツラでないほうがよっぽどマシです。

ほんの少し位なら、かつらの毛を長めにして自毛との境目をカバーすることもできますが、それも限度があります。

こんなことにならないように、小さくなってきたな・・っと思ったら、そろそろ次のカツラをオーダーしましょう。

かつらの毛と自毛の境は、自然に見せる重要ポイントですが、そこから地肌が見えてしまっては、全ての努力が水の泡。

バレバレかつらになってしまいます。


(私は、このサラリーマンに、声をかけるべきかどうか本当に迷いましたが、やめました。

見ず知らずの人、しかも業者の人なんかに言われては、素直に真意を受け取れないだろうなと思って。

でも、それが良かったかどうかわかりません。だって、本当にひどく、100%の人が彼がかつらとわかると思います。

陰口を叩かれるくらいだったら、私が指摘した方がよかったのか、今でも思い出して考えてしまいます)




 自毛とかつらの毛をうまくなじませて、スタイリングを!
 地肌が見えるなんて言語道断!





 - バレないかつら装着ワンポイント

  関連記事

no image
かつらの生え際をあんまりさらさないで
かつらの生え際をあんまりさらさないで オールバックは、昔から定番のヘアスタイルの …
no image
かつらにかつらが必要
かつらにかつらが必要 かつらは消耗品です。 使っているうちに、かつらの毛が引っ張 …
no image
ツーブロックスタイルのかつら
ツーブロックスタイルのかつら かなーり前(恐ろしく昔なのに、軽々と思い出せる自分 …
no image
髪が異様に光っているかつら
髪が異様に光っているかつら つやつや、ツルツル、変に光っている。 若い女性ならと …
no image
かつらの装着位置も大切です
かつらの装着位置も大切です 額の広さは、年齢を重ねるうちに広くなっていくのが自然 …



▲ ページトップに戻る