かつらはストレートヘアー、自毛は癖毛

かつらはストレートヘアー、自毛は癖毛

駅のホームで電車待ちをする為に、ある男性の後ろに並びました。


ちょとした違和感を感じ、いつものように(職業柄、本当にすみません)頭に目をやると、うなじから後頭部辺りの毛はくせっ毛ですが、上の髪の毛はサラサラのストレートなのです。


境目がハッキリして髪の質感が全然違うので、かなり目立ってました。


これではせっかくのストレートヘアーも生かされません。


こういった場合は、2通りの対処方法があります。


ひとつには、自毛をある程度伸ばしてストレートパーマを掛け、カツラの毛質に合わせる様にすることです。これで違和感がなくなります。


または、作製の際にかつらを少しウェーブの掛かったものを注文すると、自毛に合わせた製品になり、バランスがとれて自然な仕上がりになりますよ。


カツラの毛が人毛ならば、後からパーマをかけることも出来ます。


自毛の毛は白髪が多いのに、かつらが黒々、、というのもバレバレの要因です。




 自毛とかつらのウェーブ具合を合わせること!
 自毛が癖毛なら、カツラにもウェーブを入れること!





 - バレないかつら装着ワンポイント

  関連記事

no image
かつらの生え際をあんまりさらさないで
かつらの生え際をあんまりさらさないで オールバックは、昔から定番のヘアスタイルの …
no image
かつらの毛先がちりちり
かつらの毛先がちりちり 人工毛のかつらに起こる、毛先からチリチリと縮れてくる「ピ …
no image
年齢に不相応なかつらの毛量
年齢に不相応なかつらの毛量 歳とともに、人間、老化してきます。 シワ、シミ、タル …
no image
かつらのつむじはどこに?
かつらのつむじはどこに? 頭のつむじの場所って、自分ではあまり気にしませんよね? …
no image
かつらの装着位置も大切です
かつらの装着位置も大切です 額の広さは、年齢を重ねるうちに広くなっていくのが自然 …



▲ ページトップに戻る