かつらの乾燥方法を教えて

かつらの毛が絡まないように乾かします

シャンプーの後、水気を取る時はかつらをタオルで包んで、軽くたたいてください。

毛が絡んだりかつら本体が傷む原因になりますので、決してゴシゴシと拭かないようにしてください。

もしくは大判のタオルでかつらを包み、洗濯ネットに入れて洗濯機の脱水に1、2分入れると早く水気が取れます

かつら乾燥方法イメージ1
かつら乾燥方法画像2




人毛かつら・ウィッグの場合の注意点

人毛の場合は、裏のベースを乾いたタオルで良く拭き、まず目の粗いクシでへアースタイルの通りにときつけます。

ドライヤーの冷風で、セットしながら、完全に乾燥させて下さい。

自然乾燥ですと、思うようなスタイルや方向付けができなかったり、完全に乾くまでに時間がかかり過ぎて、シャンプー後の適度な温度と湿度の相乗効果でカツラ内のバクテリアが繁殖して嫌なニオイが出ることがあります。

簡易かつら台やウィッグセット台を使うと、カツラの毛が絡みにくく、手早く乾燥させることができるので便利です。

かつらドライ方法画像3
仕上げにヘアワックス(スタイリング剤)を乾かしながらつけると
かつらの髪がパサつかず、しっとりと仕上がります。



人工毛かつら・ウィッグの場合の注意点

人工毛熱に弱いため、水で洗髪し、やはり冷風で乾燥させます。

裏のベースを乾いたタオルで拭き取って軽く乾かせば、ほとんど元のヘアースタイルに戻るので、セットする必要はありません。


With推奨ヘアワックスや簡易ウィッグ台、セット台は、
ホームページや
各Withヘアショップで販売しております。

かつら通信販売オンラインショップ




 - メンテナンス方法

  関連記事

no image
ステップ4.粗めのクシでかつらを梳くように洗います
かつらのシャンプーは基本的に一週間に一回程度でOKです 泡は指でこすらずに毛の流 …
no image
洗髪方法2.カツラの毛先からときながら濡らします
かつらのシャンプーは基本的に一週間に一回程度でOKです 洗面器に 38℃位のぬる …
no image
ステップ9.かつらの水気を取るときはタオルで包みます
かつらのシャンプーは基本的に一週間に一回程度でOKです 水気を取る時はタオルで包 …
no image
かつらの洗い方1.洗髪中のカツラのピンは全部とめる
かつらのシャンプーは基本的に一週間に一回程度でOKです ピンをつけているタイプの …
no image
8.かつらの毛流れにそってトリートメントを洗い流します
かつらのシャンプーは基本的に一週間に一回程度でOKです 毛の流れにあわせてリンス …



▲ ページトップに戻る