かつらの毛が抜ける(製品の脱毛)

かつら・ウィッグの毛はどうやって植えてある?

かつらは繊維でできたネットベースに毛を結びつけたり、樹脂でできた人工皮膚にコーティング剤で毛を接着して固定しています。

人工皮膚は主に分け目やつむじ部分に使用します。本物の皮膚のように似せて作っているので、ネットベースより自然に毛が生えているように見せることができるという、大きなメリットがあります。

その反面、人工皮膚はコーティング剤で接着してあるだけなので、毛を結びつけているネットベースよりも毛が抜けやすいというデメリットもあるのです。

人工皮膚同様の自然な地肌を実現!!!人工皮膚同様の自然さは欲しいが、毛が抜けやすいのは困る…という方には「フリースタイル Air プラス」がお奨めです。

地肌は本物の頭皮のようにリアル。より自然な地肌・より自然な根元を可能にしました。

詳しくは、地肌の自然なカツラ!「フリースタイル Air プラス」をご覧ください。




かつら・ウィッグの毛が抜ける原因

カツラの毛が抜けるというのはいろいろ原因があります。もっとも多い原因は、時間がたって人工皮膚部分が老朽化して毛が抜けるという場合です。

人工皮膚部分だけなら、取替え修理や増毛修理が可能ですが、他のネットベースも老朽化して毛が抜けるようであれば、カツラの寿命といえます。


他の原因のひとつとして、毛を強く引っ張りすぎるということがあります。
髪を強くひっぱることにより、毛の根元とベースが傷み、抜け毛の要因となるのです。

ブラシなどで髪を梳く場合、いきなり根本から梳かすのではなく、根本部分を手でつまんで、毛先部分を先に梳いて絡みをよくとってから、やさしく根本からすいてください。

また、ハードスプレーなどで髪を固定しているのにも関らず、くしやブラシで梳くのも毛を強くひっぱる原因です。
ハードスプレーは毛先をロックしている状態ですので、当然梳くと、毛先がひっかかり、根本の毛は強く引っぱられてしまいます。

かつらの毛はひっぱっても痛くないので加減が難しいですが、ご自身の髪を梳くように、やさしく扱ってください




カツラ・ウイッグを洗うとき、シャンプーにも注意

シャンプー剤によっては、脱脂力(油汚れを落とす力)が強すぎて、毛髪・ベースの両方が傷み・抜ける原因となっているものがあります。

カツラをきれいにするのにシャンプーをしっかり使い洗うことがなぜ悪い?と考える方もいるでしょう。

シャンプー剤は、汚れを取り去り、不快なニオイも除去してくれますが、一方で、シャンプーが本来の汚れを落とすという作用そのものが、カツラの毛とベースの樹脂や繊維の油分を取り除き、少しずつ傷めていっているのです。

カツラを洗う際は、ご自身の髪の毛を洗うとき以上に細心の注意が必要です。

洗浄力・脱脂力が強すぎるとカツラの毛・ベースを傷め、毛が抜ける原因にもなり、洗浄力・脱脂力が弱すぎると頭皮から出た皮脂を落とす事ができず、毛とベースを傷める事になり、嫌なニオイが残ったりするのでWithではかつらに最適なシャンプーをお薦めしています。

詳しくは、かつら(ウィッグ)のシャンプー方法をご覧ください。

 - ダメージの原因

  関連記事

no image
かつらのベース生地が傷む
かつらベース生地のコーティング部分がウィークポイント かつらのベースの中で、一番 …
no image
毛が縮れる(人工毛かつらの場合)
人工毛かつらの毛はピーリングを起こします 人工毛ウィッグやかつらで見られる現象で …
ピーリング現象 
人毛?人工毛?ピーリング現象? かつらの毛髪
かつらの毛髪はどこから来る かつらの毛には、人毛(人の毛)と人工毛(化学繊維)の …
no image
毛が褪色する(人毛カツラの場合)
カツラの毛髪は少しずつ色褪せてきます 人毛かつらは、お客様の髪色に合わせてカラー …
no image
カツラの劣化、なぜ傷むの?
かつらユーザー必見!取扱い上の注意点です カツラの傷む主な原因として、 ベース部 …



▲ ページトップに戻る