人気のかつらの髪型

髪型も自然な流れを重視

時代の流れとともに、ヘアスタイルも変わってきました。

日経新聞に整髪剤の「マンダム」の社長の記事が紹介されていましたので、ご紹介させて頂きます。

ここ3・4年で急速に整髪剤離れが進んでいます。

2000年には高校生の80%が使っていましたが、12年には25%にまで落ち込みました。そして13年は20%を下回ります。 理由は若者の自己表現の変化にあります。02年日韓共同開催だったサッカーのワールドカップの頃は茶髪全盛で、自己主張の強いヘアスタイルが多かったのです。

ところが今は目立つことが若者にとって格好いいことではなくなりました。

周囲との調和を大切にし、等身大の自分を表現することを好みます。

髪型も自然な流れを重視する『素髪』志向が主流になっていますが、これに合う整髪剤がなかった。

だから需要も落ち込んだのでしょう。

~日経MJ 2014/2/17のマーケティング記事欄 世間のニーズ嗅ぎ回るより~




黒髪ウィッグが人気

弊社のウィッグの販売結果にもその流れがきています。

ここ4カ月のウィッグ販売数で、全体の83.6%が自然な黒もしくは黒に近い自然なこげ茶のウィッグとなりました。

他の自然な茶色や、少し派手な黄色系や赤系のウィッグは全て合わせても1割程度でした。

定番、目立ちたくないという傾向の表れなのだろうと思います。

流行は繰り返すという表現がありますが、2000年より前にさかのぼり、「日本人には黒髪が一番」という時代がありましたが、またその再来と言えるのではないでしょうか。

等身大の自分、他との調和を大切にする、大和撫子等、時代の流れとともに、流行がより洗練されて帰って来たようにも思えます。

整髪剤はよりソフトな印象に変わり、スタイルも形づくるものより、ありのままのスタイルを整える程度の方がより自然と感じているようになってきたと言えます。

ウィズのウィッグは、プロのスタイリストがカットしますので、ご本人の希望にあわせ、なおかつウィッグの自然さも追求した仕上りを実現します。

毎日一般のお客様と接しているからこそ世間の人の気持ちの変化や、流行りすたりを敏感に感じたりしています。

全国のヘアショップにて、無料のウィッグご試着、ご相談を随時承っております。

ありのままの自分を素敵に表現したい方は、是非ともご連絡下さい。



かつら取扱いショップ一覧



 - 髪型について , ,

  関連記事

no image
福山雅治?江口洋介?男性かつら人気ヘアスタイル
男性かつらの人気スタイル どういった髪型にしようか?どういった髪形が似合うのか? …
no image
ショートヘアのかつら
ショートヘアのかつら 男性の髪型はショートヘアが基本で、かつらを作成する場合も …
no image
かつらの髪型カタログは色々あります
かつらの髪型カタログは色々あります ウィズではかつらのモデル撮影を定期的に行って …
no image
自然に見えるカツラのツムジ
自然に見えるカツラのツムジ カツラは、誰からも分からないことが理想です。 特に「 …
no image
かつらの髪型を選ぶポイント
かつらの髪型を選ぶポイント かつらの選ぶ方法として、 【1】脱毛の原因や脱毛の状 …



▲ ページトップに戻る