抗がん剤治療の副作用のためのかつら

全頭かつら・フルウィッグがお薦めです

抗がん剤治療にてかつらをお考えの方へ、抜け毛の進行状況や治療方針など、状況に応じたより良いかつらをご提案します。
抗がん剤治療の抜け毛のお悩みやかつらの選び方など、お気軽にご質問ください。


抗がん剤の場合、治療方針や薬の種類やその人の体調などにより、抜け毛の状況には個人差があります。

円形脱毛症で脱毛している方向けかつら早ければ1.2週間で脱毛が始まり、約1.2ヶ月で全体の頭髪が抜けるケースが多いです。

抜け毛の進行状態に柔軟に対応できる全かつらが最適です。

「抗がん剤治療」は、脱毛に個人差があります。
頭全体をカバーする「全カツラ・フルウイッグ」がお薦めです。


全頭カツラ・フルウイッグとは

がん化学療法の副作用による抜け毛は、抗がん剤の薬の種類や量、個人の体質や体調によって個人差があります。

少量の抜け毛ならば、髪形を工夫することで薄毛をカバーすることもできます。

かつらをお考えの場合は、頭全体をカバーできる全カツラがお薦めになります。

全かつらは頭のほぼすべてをカバーできるカツラです。フルウィッグ、全カツラ、全ウイッグも全頭かつらと同じ意味の製品です。

また、抗がん剤治療の副作用の脱毛のように医療目的で使用する製品のことを医療用カツラ(メディカルウィッグ)と呼ぶ場合もあります。がん化学療法や手術痕や火傷などの理由で医療用かつらが使用されています。

全かつら(フルウィッグ、全頭カツラ)とは抗がん剤の場合、抜け毛の範囲が頭全体に及ぶ可能性があるので、薄毛部位のみをカバーする「部分かつら」ではなく、頭全体をすっぽり覆う「全かつら」が最適です。

脱毛をカバーするために部分かつらを準備しても、抜け毛の範囲が広がった為にカバーすることができないという場合があるのです。

かつらを用意するタイミングとしては、抗癌剤治療を開始する前が理想です。

治療がスタートすると、体調により外出困難ということがあるためです。また、治療開始前にかつらを準備することで、気持ちにゆとりが生まれ、安心して治療に専念することもできます。




全かつら・ハーフウイック料金について

薄毛の箇所が大きく、大きな部分カツラになった場合、基準を設け、かつらの縦径と横径の合計が40センチ以上のものは全カツラ料金として扱わせて頂いております。



こんな人には、こんなかつらをお薦めしています!
前のページに戻る



あなたに合うかつら種類の選び方 MENU

脱毛の状態やライフスタイルにあわせて、選ぶかつらもさまざま。
あなたにピッタリなカツラはどれでしょう? 詳しくはこちら
かつら詳細 M型脱毛(額が後退した薄毛)向けカツラ
かつら詳細 O型脱毛(頭頂部の薄毛)向けかつら
かつら詳細 U型脱毛(額から頭頂部の薄毛)
かつら詳細 全脱毛(坊主頭・スキンヘッド)
かつら詳細 円形脱毛症による抜け毛
かつら詳細 抗がん剤治療の副作用

 - 脱毛パターン別 男性用かつら ,

  関連記事

no image
円形脱毛症による抜け毛のためのかつら
全頭かつら・フルウィッグがおすすめです 円形脱毛症とは、男女を問わず子どもにも発 …
no image
生え際が後退した薄毛(M型脱毛)モデルAfter
M型タイプ 額の生え際から頭頂部をカバーする部分かつらがお薦めです M型脱毛(額 …
no image
坊主頭・スキンヘッド(全脱毛)髪形事例2
坊主頭(スキンヘッド) 全体の髪がないので、すっぽり被る全かつらがお薦め 坊主頭 …
no image
坊主頭・スキンヘッド(全脱毛)髪形スタイル右
坊主頭(スキンヘッド) 全体の髪がないので、すっぽり被る全かつらがお薦め 坊主頭 …
no image
O型脱毛(頭頂部の薄毛)髪型例
毛密度を多めにして、自毛とよくマッチしています O型脱毛(頭頂部の薄毛)モデル1 …



▲ ページトップに戻る