スマートかつらとは?

ウェラブルディバイスとしてのカツラ

スマートフォンは今や、携帯では当たり前の時代になってきました。

情報を身につける「ウェラブルディバイス」として、腕時計型のスマートウォッチやメガネ型のグーグルグラスが注目を集めてきているようです。

そしてかつらにも、その新しい時代の波がやってきているようです。

なんと、かつらも「スマートウィッグ」として購入できる時代が来るかもしれません。

実は、昨年、ソニーが「スマートウィッグ」を特許出願していることが分かりました。

かつらの髪型の内部にセンサーや通信装置を内蔵し、別のコンピューティングデバイス(スマートフォン等)と通信したりする画期的なアイデアです。

まさかと目を疑いたくなるような、嘘のような本当の話です。

斬新なウェアラブルデバイスとして、大きな注目を集めることは間違いないでしょう。

特許を申請されたこのかつらには、隠しカメラやバイブ、ズレセンサーや無線機能をかつらに内蔵しているそうです。

ソニーの研究者である飛田博章氏が発明者で、ソニーを出願者(譲受人) として、米国の特許商標局に正式に出願されたとのこと。

将来的にかつらに内蔵するデバイスの例として、携帯への着信等を知らせるバイブレータ、GPS、頭の前後左右に設置して進む方向を示すナビゲーション用バイブレータ、カメラ、超音波センサ、物理的なスイッチを含むさまざまな方式のリモコン、モーションセンサー、圧力センサー、レーザーポインタなどが候補として挙げられています。

さらには、装着したカツラと装着者の頭の相対位置を検知するセンサー、つまりは付け位置が正しいかどうか?を測るセンサーも検討されているそうです。

まさに用途は多岐に渡り、次世代のかつらと言えるかもしれません。

通信ディバイスをウィッグの形に応用する利点としては、腕時計やメガネ型のようには目を引かないということだそうです。

髪の毛の中にセンサーやカメラを隠すことでウェアラブルデバイスを着けていることを周囲に悟られないのです。

また、人間は反射的に頭部を守るため、他の末端部に装着するよりも衝撃から守られやすい点があるそうです。

さらにウィッグの種類や髪型にもよりますが面積が広く、さまざまなデバイスを内蔵できる可能性を秘めています。

さらに、頭の皮膚は人間の他の部位よりも敏感だそうで、微弱の刺激であっても入力として利用が可能というメリットがあるそうです。

スマートウィッグを利用すると想定される人物像は、日常的にかつらを着用する人だけではありません。

薄毛でお悩みの方はもちろん、俳優やモデル、アニメなどのキャラクターに扮するコスプレーヤーまでが対象としているそうです。

ウィッグは髪型や素材やサイズも含めて様々なタイプが考えられ、普段はかつらを使用しないような人もスマートカツラの利用者になりうる可能性があると考えられています。

映画の007やミッションインポッシブルの中でも出てきそうな夢のようなウェアラブルデバイスといった印象です。

全世界の人みんながスマートかつらをつける時代が、もうすぐやってくるかもしれませんね。


即納部分かつら1画像 即納部分かつら2画像 即納部分かつら3画像 即納部分かつら4画像


 - その他のカツラの話 ,

  関連記事

ガチャガチャでトレンディエンジェルのかつら発見!
トレンディエンジェルのかつら発見!天使のヅラトップ
先日、東京出張してきた折、品川駅を使いました。 何気なくガチャガチャのコーナーに …
no image
福山雅治さんのかつら??
福山雅治さんのかつら?? ウィズにお越しになる男性かつらのお客様も、「こんな髪型 …
no image
一番人気の男性の部分かつら
一番人気の男性の部分かつら 男性用の部分かつらをお使いのお客様で一番人気のある装 …
no image
ウィズかつらの作り方
ウィズかつらの作り方 かつらの作り方は、かつら会社によって様々です。 オーダーメ …
no image
自然なかつらの理由
自然なかつらの理由 かつらWithの製品は自然さを追求した本格派です。 お客様の …



▲ ページトップに戻る