中国かつら毛髪市場テレビ取材同行記

中国の田舎の農村で髪の売り買いをする現場を見て来ました!

1:中国かつら用の人毛の売買

ウィズでは人毛のかつらをおすすめしております。 理由は、とにかく「自然だから」。 そして、その毛は中国からやってきます。日本人の毛質に一番似ているのが中国人のものです。中国は人口も多く、人毛のかつらのほとんどは中国で供給されているのです。 私も髪は中国人のものを使っているとはずっと知っていました。 そして、どうやって買っているのだろうか、どういう人が髪を売っているのだろうかとずっと興味を持っておりました。・・・続きはこちら

2:中国最大かつら毛髪市場

朝、深い霧が山東省の内陸部のどこまで行っても山一つ見えない広い大地を覆っていました。 早い時間から起き出して、車で出かけること1時間。街を抜けた後、まっすぐな道路を霧の中どこまでも走っていました。 道路の横には同じ街路樹が植えられており、時折お店や家々が見えるものの、霧の中、景色はほとんど変わりません。ぼーっと霧を眺めてすごしました。 そしてあるガソリンスタンドを目印に曲がると、そこは舗装もされていないデコボコ道。 ・・・続きはこちら

3:中国かつら・髪の毛見聞録

髪の毛の売り買いをする仕事は30年くらい前から出てきたそうで、ドンドン盛んになって、市場は20数年前くらいにできたらしいです。もうひとつ別の町(といっても20キロぐらいしか離れてないところ)に、髪専門の市場もありました。 ここも月に数回定期的に市が開催されています(市の日程は重ならないようになっているとのことで、髪関係者は、両方の市に足しげく通っているようです)。 ・・・続きはこちら

4:中国で見ました・食べました!

中国で迎えた最初の朝、「バンバンバンーーー、ババッババッババーン、ババーン」とものすごくけたたましい音が鳴り、私はホテルのベットから飛び起きました。 何かでっかい爆発があったと思いました(テレビ会社の人は、暴動が起こったと思ったそうです!) 後で聞いてみると、あれは結婚式のがありますよというお知らせだとか。朝早く鳴らすのは、お婿さんがお嫁さんが来るのを待ってますよという合図で朝早いほど待ち焦がれてますという印なのだそうです。 ・・・続きはこちら




 - かつら工場見学

  関連記事

no image
インドネシアかつら工場への遠い道のり
インドネシアかつら工場訪問への遠い道のり 行ってきました! インドネシア工場へ! …
no image
インドネシア かつら工場訪問記
インドネシアかつら工場への遠い道のり 行ってきました! インドネシア工場へ! と …
no image
2014年春の中国かつら工場
中国の工場見学で教えて頂いたことで、今回初めて知ったことがありました。 もともと …
no image
中国かつら・髪の毛見聞録
中国ロケで髪の毛について見聞したあれこれ 2008年中国のテレビ取材同行記 その …
no image
中国かつら用の人毛の売買
中国の田舎の農村で髪の売り買いをする現場を見て来ました! 2008年中国のテレビ …



▲ ページトップに戻る