中国かつら・髪の毛見聞録

中国ロケで髪の毛について見聞したあれこれ

2008年中国のテレビ取材同行記 その3

◎髪の毛の売り買いをする仕事は30年くらい前から出てきたそうで、ドンドン盛んになって、市場は20数年前くらいにできたらしいです。


◎もうひとつ別の町(といっても20キロぐらいしか離れてないところ)に、髪専門の市場もありました。

ここも月に数回定期的に市が開催されています(市の日程は重ならないようになっているとのことで、髪関係者は、両方の市に足しげく通っているようです)。

ちなみに、こちらは屋根付きの市場です。

髪市場


◎街で通行人に「ここの近くに中国最大の髪の毛市場があるのを知っているか?」ときいてみると、ほとんどの人は知りませんでした。7.8人に聞いてやっと知っているというかなり年配の男性男性が現れました。

街頭


◎長い髪は、今、とても手に入りづらくなっているそうです。手元にまだ置いているという長い黒髪を仲買人の儀さんから見せてもらいました。

もう少し値が上がってくるのを待って、かつら工場に売るそうです。かなり高い値段がつくのでしょうね。

長髪


◎現地のかつら工場にも見学に行ってきました。

ここは、私どもとは全く関係のない工場で、エクステンションなんかをたくさん作っている工場のようです。

韓国人がオーナーで、マネージメントは中国人の方がやっておりました。なぜこの地に工場を作ったのか聞くと、やはり髪の大きな供給地であるからとのことでした。

ここら辺のほとんどは、アメリカ向けかつらの工場ということでした。

エクステ


◎このかつら工場で、ものすごく長い髪を持った女性に出会いました。

もう6年あまり伸ばしているそうです。1.2メートルはありそうなきれいな髪でした。

やはりもう少ししたら売るつもりだということでした。

長髪


◎髪は、やっぱり若い子のものが健康で状態がよく一番高く売れるとのこと。太くてごわごわした毛がいいそうです(さらさらの細い毛は、駄目なんです!)。

長い髪になると先の方は、どんどン細ってきますが、本当にいい毛というのは先の方まで太いものということでした。


◎街にも小さな村にも、ところどころに美容室がありました。たまにカットしている人を車の中から見かけました。

美容室


◎ちなみに「髪」という中国簡体字は、と書くそうです。日本語の「発」という字も同じという字だそうです。なんだか似た字だなと思っていたら、同じだった!


◎中国語で、かつらは「仮髪」や「即髪」と書くようで、エクステは「接髪」だそうです(髪の字は)。へえ~。




中国かつら毛髪市場テレビ取材同行記

1:中国かつら用の人毛の売買
2:中国最大かつら毛髪市場
3:中国かつら・髪の毛見聞録
4:中国で見ました・食べました!

かつら詳細クリックすると中国のテレビ取材同行記のつづきが見れます。

 - かつら工場見学 , ,

  関連記事

no image
かつら植毛工場見学
カツラ作りの視察 実は、中国・韓国の工場はいくつも視察したことがあるのですが、こ …
no image
中国かつら毛髪市場テレビ取材同行記
中国の田舎の農村で髪の売り買いをする現場を見て来ました! 1:中国かつら用の人毛 …
no image
中国カツラ工場見聞録
中国見聞録 かつら工場は中心地から少し離れた郊外にありました。工場へ向かう途中、 …
no image
中国人毛かつら工場訪問記
中国のカツラ工場を訪問致しました 行ってきました。中国。私どもの取引先会社の中国 …
no image
インドネシアあれこれ
インドネシアあれこれ 今回、インドネシアに行って、見聞きしたインドネシア事情を書 …



▲ ページトップに戻る