中国で見ました・食べました!

中国かつら毛髪市場テレビ取材同行記

2008年中国のテレビ取材同行記 その4

◎中国で迎えた最初の朝、「バンバンバンーーー、ババッババッババーン、ババーン」とものすごくけたたましい音が鳴り、私はホテルのベットから飛び起きました。

何かでっかい爆発があったと思いました(テレビ会社の人は、暴動が起こったと思ったそうです!)

後で聞いてみると、あれは結婚式のがありますよというお知らせだとか。朝早く鳴らすのは、お婿さんがお嫁さんが来るのを待ってますよという合図で朝早いほど待ち焦がれてますという印しなのだそうです。

迷惑な風習ですね。本当にびっくりした!


◎都会では自転車があまり走っておらず、車がバンバン走っておりました。

田舎に行くほど、自転車やバイク、3輪車がまだまだ主流に。

しかし、年々、電動付き自転車が増えているようで、自転車でもペダルをこいでいる人はそんなにいなくなっておりました。市場近くではロバ等の動物もまだ活躍していました。

3輪車

街


◎赤ちゃんの服ですが、お尻のところがもともとぱっかり割れており、お尻が丸見えです。オムツが取りやすいように工夫されているのでしょうか?

赤ちゃんお尻


◎農村の塀にはとうもろこしがたくさん乾してありました。また道にも乾してありました。車はバンバンそのとうもろこしの上を踏んで通っていくのです。ちょっと不思議でしたが、聞いてみると家畜の飼料にするからいいのだとか。ふーん…。

とうもろこし


◎街にも農村も、どこもかしこもゴミがポンと捨ててありました。どうしてなんだろう?

家


◎中国の農村の家は、どこも塀に囲まれておりました。ロケで、塀の中に入ると、そこでは犬を飼っていたり、にわとり・やぎ・アヒルなどの家畜を飼っておりました。一番すごいなと思ったのは、大きな豚を飼っていたところでした(子豚が生まれたばかり!)。

子豚

ヤギ


◎農村の中には、すごく立派でお金持ちそうな家もありました。しかし、家の大小、貧富にかかわらず、どの家にも縁起がよさそうな文字が書かれて門に張ってありました。

大きな家


◎中国語が全くできない私には全くわからなかったのですが、山東省の人は結構なまりが強く、人々は標準語で話しているつもりなんだそうですが、通訳さんは半分くらいしかわからなかったとのことでした。


◎山東省は、男の人がとても強い地域なんだそうです。山東の男はすぐ奥さんをなぐると悪名高いらしいです。そこで、髪の売人の李さんに聞いてみると、「私は殴らない、奥さんすぐに出て行くから」と答えておりました。男は強いけど、奥さんに出て行かれては困るのですね。

村


◎生まれて初めて黄河を見ました。まるで海です。日本の川って、本当に小さいのですね。

黄河


◎やっぱり中国で困ったのは、トイレでした。ホテルのはきれいなのですが、都会でないところの地元のレストランに一歩入るとドアないところも。トイレットペーパーがないのは、当たり前のことでした。

ロケについていくとトイレが不安で不安で、いつもトイレのことばかり考えていました。


◎中国で有名なビールはなんといっても青島ビールです。しかし、多くのレストランでは青島ビールの子会社の作った緑のビンのビールが出てきました。

冷えたビールはほとんど出てこなかったです(冷えていたら値段が違ったりもするようです)。

ビール


◎レストランでは、どこでも消毒されたというビニールに包まれた食器が出てきました。小さなことですが、中国は発展してきているなと実感しました。

食器


◎山東省地域の主食は、お米ではなく小麦だそうです。饅頭(中身があるものやないもの)や餃子をゴハン代わりに食べるとのこと(餃子城と書いた食堂をいっぱい見ました!)。

地元の人が行くレストランに入ると、もともとゴハンは置いてないそうで、ゴハンを出してくださいと注文すると今から買ってきて炊くとのこと。日本人の私には、びっくりでした。

(テレビの人たちは、食事のたびに「米、米」と言っておられ、「ここに来てはじめて自分が米大好きなことに気づいた!」と訴えておられました。農水省の方喜びそうなせりふですね!)

中華食堂

中華食堂

餃子


◎火鍋も食べてみました。麻辣味で、激辛でした。味噌タレにねぎやパクチー(コリアンダー)をつけて食べる牛肉とジンギスカンは美味しかったです。

火鍋


◎中華料理は、どこに行っても美味しかった!ちょっとくさい川魚も慣れればおいしいものです。

私のお気に入りは、トマトと卵の炒め物でした。毎食、お腹がはち切れるまで食べました。


中華料理

中華料理


◎朝のホテルのバイキングおいしかったです。朝から大食いです。饅頭も山盛りで、うれしい取り放題でした(しっかり身について、今困ってます。ダイエットしようと思うのだけど…)。

饅頭


◎最後の日、頭髪市場からそのまま300キロ離れた空港までロケバスで帰り、そのまま飛行機で上海へ。

上海は、大都会です。高速があて、車がビュンビュン走って。間違っても、三輪自転車やロバはいません。同じ国とはとても思えない。不思議な気分でした。

夜は高級店で上海蟹を食べました。旬なのでおいしかった!

ひとり分で8千円くらいしました。きっと中国では破格な値段でしょう。農民の一ヶ月分の給料くらいです。人間は、環境によって本当に違う人生を歩むのですね。

上海

上海蟹

上海蟹




中国かつら毛髪市場テレビ取材同行記

1:中国かつら用の人毛の売買
2:中国最大かつら毛髪市場
3:中国かつら・髪の毛見聞録
4:中国で見ました・食べました!

かつら詳細クリックすると中国のテレビ取材同行記のつづきが見れます。

 - かつら工場見学 , ,

  関連記事

no image
中国カツラ工場見聞録
中国見聞録 かつら工場は中心地から少し離れた郊外にありました。工場へ向かう途中、 …
no image
世界のかつら事情とカツラ工場の選択理由
世界のかつら事情とカツラ工場の選択理由 ウィズでは、現行、かつらを主にインドネシ …
no image
中国かつら毛髪市場テレビ取材同行記
中国の田舎の農村で髪の売り買いをする現場を見て来ました! 1:中国かつら用の人毛 …
no image
インドネシアかつら工場への遠い道のり
インドネシアかつら工場訪問への遠い道のり 行ってきました! インドネシア工場へ! …
no image
中国青島(チンタオ)かつら工場見学
中国かつら工場見学 2014 2014年春の中国かつら工場 中国の工場見学で教え …



▲ ページトップに戻る