カツラを自然に見せるには

決まりすぎた髪形のかつらに注意

フロント部分拡大写真

かつらやウィッグを本当の自分の髪のように自然に着こなしたい…
これはかつらユーザーなら誰しも願うことですよね。

その為にはちょっとした努力と工夫はとても大切です。

自毛ならちょっとした寝癖や乱れは気にしなくても、かつらの乱れは許せなくなってしまうのが人情ですね。でも少し待ってください。

紳士服専門店の中高年向けのチラシやカタログを見ると、かっちりと一糸乱れぬ髪形をしたモデルさんたちがカッコよくポーズを決めています。

かつらではないの思うのですが、なぜかカツラっぽい…と思ったことはありませんか?

原因は「決まりすぎた髪形」です。

不安なあまりカッチリと髪型を決め過ぎてしまうと不思議と不自然に見えてくるものなのです。本物のかつらやウィッグなら、なおさらです。

ではどうしたら自然にセットできるのか?それはブラシやくしでとかずに、最後は手ぐしで整えることです。

手ぐしなら人工的なラインではなく、自然な髪の流れが作れます。




かつらでは不可能なヘアースタイルがあります

生え際を全開にしてオールバック!・・という髪型も、正直かつらではむずかしい部分があります。

前髪が程よく残っている方でしたら、自毛を生かしてカツラとなじませながら装着することで可能な場合もあります。

ただ、前髪があまりない方は、生え際をキッチリと全開にするよりも、ソフトなバックスタイルがより自然なのです。
生え際自然かつらナチュラルフロント
どうしても、髪を後ろへ軽く流すバックスタイルや、髪をちょっと上げて生え際を自然に見せる髪型を希望される方は、ナチュラルフロントがお薦めです。

M型やU型の薄毛のように生え際が後退している方との相性が抜群、生え際をより自然に演出します。

レースタイプスキンタイプがありライフスタイルに合せてお選び下さい。(写真はレースタイプです)

 - かつらの話あれこれ

  関連記事

no image
自毛と馴染ませて自然に見せる部分かつら
自毛と馴染ませて自然に見せる部分かつら かつらは初めてという方は、ご自身にはどの …
no image
かつらの装着方法
かつら装着方法 ウィズのかつらの装着方法は、『ピン固定式』、『両面テープ固定式』 …
no image
かつらオーダー3つのポイント
かつらオーダー3つのポイント オーダーメイドでかつらを作るときの3つのポイントの …
no image
薄くて自然なかつら作れます
薄くて自然なかつら作れます 最近よくお問い合わせ頂くことの中で、「薄くて自然なか …
ばれやすいかつらとは?被ればOKではありません
ばれやすいかつらとは?被ればOKではありません
すぐにわかるかつら 時々、分かりやすいかつらを被っている人を見つけることがありま …



▲ ページトップに戻る