14万8千円でカツラ販売

2002年2月14日 日経流通新聞


14万8千円でカツラ販売
日経流通新聞



カツラを大手の半額以下で提供します――。あみネット(福岡市)は二〇〇一年二月からインターネットを使って十四万八千円のカツラを販売している。

この一年二百個を受注し、電子メールの問合せは1ヶ月百五十件に達する。宮崎弥生社長(35)は「宣伝広告費をかけず、中国で制作することで、価格をひきさげることができた」と胸を張る。

希望者はホームページ(http://www.bikkuri.com/katura/)で申し込む。その後、あみネットと提携している全国六つの理美容室店で打合せをし、頭の型取りなどをする。

中国大手企業の工場に発注し、四十~五十日で仕上がる。人毛を使った自然な仕上がりが売り物だ。



毛の長さやボリューム、白髪の混じり具合など商品は様々だが、価格はワンプライスにした。宮崎社長は「ネットだからこそ『△△円から』という、あいまいな表現をなくした」と話す。

最大手のアデランスの場合、男性の頭皮全体を覆うカツラの最多価格帯は四十万円前後。「全国に二百のサービス拠点があり、カツラも自社工場で生産している。単純には比較してほしくない」(広報室)というが、あみネットの安さは際立っている。

カツラの国内利用者は百万人超で、市場規模は一千億円を超えるといわれる。セールス活動がしにくいため、大手はテレビCMなど多額の広告宣伝費を使っており、値段を押し上げる要因の一つになっている。

あみネットはカツラ1個につき数万円の手数料を理美容室店に支払うが、「社員は三人しかいないうえ、広告宣伝費もかからず、手数料を支払っても、そろばんが合う」(宮崎社長)という。

当面の目標は年六百個の受注だ。生産委託先の中国企業に専用ラインを設けるために必要な発注量だ。二月に共同出資で会社「ウィズ」(福岡市)を設立し、一段の事業拡大に挑む。



もっと知ってほしい かつらWithのこと
前のページに戻る
かつらWithメディア紹介 に戻る





かつら・ウィッグに関する取材は歓迎しております

テレビ・新聞・マスコミ関係者様 是非とも、気軽にお声をかけてください!


かつらウィズは、薄毛でお悩みの方を取り巻く現状に疑問を感じています。
どうして全般にカツラ・ウイッグ・育毛・増毛関連商品は高いのでしょうか?

ウィズは小さなかつら・ウィッグ屋さんですが、ユーザーの立場で考え行動するまともなカツラメーカー・ウイッグ会社でありたいと思います。かつらウィズは本気で現状を変革していきたいと思っています。

実行するため、皆様、どうぞ お知恵をお貸しください。



カツラを取り扱う「With(ウィズ)」は、「あみネット」より独立し、
株式会社ウィズアルファ(旧:有限会社ウィズ)となりました。
過去のメディアでは、
「あみネット」でご紹介頂いております。ご了承ください。

 - 新聞・雑誌紹介 , ,

  関連記事

髪の毛の悩み「手助けをしたい」
髪の毛の悩み「手助けをしたい」
2008年6月7日号 読売新聞 かつらのネット販売・ウィズ 大手数社が圧倒的なシ …
すぐに装着できるかつら
すぐに装着できるかつら
2014年4月2日 日経MJ新聞 すぐに装着できるかつら「ヘアキャップ ネオ X …
「新時代の創業」企業のいま ゆっくりと着実に「成長」
「新時代の創業」企業のいま ゆっくりと着実に「成長」
2009年 日本政策金融公庫調査月報 7月号     創業期は、経営資源が乏しく …
男性向け医療かつらを発売
男性向け医療かつらを発売
2009年2月号 財界九州 最短3日でセミオーダー 低価格かつらのネット販売で知 …
顧客本位を貫き寡占市場に挑む
顧客本位を貫き寡占市場に挑む
2002年 国民金融公庫調査月報 9月号     これまで、規模が拡大してきたに …



▲ ページトップに戻る