ライバルではなく同志

増毛・かつら業界を変えたい

増毛・かつら業者は、いろいろな会社があります。

お客様の話を聞くたびに、「ええっ!?びっくり!」というような営業をしているところがあります。

「こんな増毛・かつらは無理でしょう!日常では使えないよ」
「あんまりでしょう!高すぎ!普通の生活している人には払えないよ!」

弱みにつけこんでよくやるなぁと感想を持つこともしばしばです。業界自体これでいいのかとため息がでることがあります。


しかし、一方で、地道にやっている会社も確かにあります。

かつらウィズのホームページを見かけて声を掛けてきて下さったかつら会社の社長さんがいらっしゃいます。ウィズはこの会社とたまに情報交換をします(というより、経験豊富なこの社長さんが未熟なウィズに、いろいろお教え下さっているという状態です)。

この社長さんはよく言われます、「私たちは、まともに商売していきましょうよ」と。

とは言っても、競合する同じかつら会社であり、情報交換するとしても相手方にとっては得ることも少ないウィズに対し、いろいろ示唆して下さるこの社長さんは、なんと寛大なんだろうと思います。そして、ありがたいなと心から思います。

かつら業界捨てたもんじゃないですね。

同士がいて、とってもうれしいです。ありがたいですね!

 - カツラ価格の秘密 , , , ,

  関連記事

no image
かつらの髪の毛量を徐々に増やす?
かつらについて思うこと 急にフサフサになったら変? 「周囲の人に気づかれないよう …
no image
万が一のため、カツラは2つ必要?
いざという時のためのスペアかつら かつら会社から、初めからかつらを2つ作ることを …
no image
かつらの値段の比較
かつらの値段比較 かつらの値段が、かつら会社によってばらつきがあるのはご存知でし …
no image
かつらCM 広告宣伝費は莫大?
広告宣伝費を負担するのは、商品を買う消費者(ユーザー) マスコミの広告費、とりわ …
ニコ動
かつら・ウィッグ・増毛・・・髪の毛ビジネス
髪の毛ビジネス最前線 日曜の朝の情報番組「がっちりマンデー」で「かみの毛ビジネス …



▲ ページトップに戻る