かつらは大変だ!

かつらはご自分の髪の毛と違うもの

テレビで流れるかつらのコマーシャルの有名タレントのセリフを鵜呑みにして、「ハゲよ、さようなら」と、もしあなたが明日からかつらを付けた生活を始めるとしましょう。いきなり快適なかつらライフが送れるるとお思いでしょうか?答えは、「ノー」です。

「快適なかつらライフ」を送ろうとするならば、かつらは今までのご自分の髪と違うものだとはっきり理解した上で、かつらを扱う練習をしなければなりません。

”かつらはご自分の髪と違うもの”だということを、ご自身によく言い聞かすことが出来て初めて、「快適なかつらライフ」をエンジョイできます。

ご自身の考えの切り替えをしないで、いきなりかつらライフを始めれば、かつらを付ける以前の生活と一緒でないと戸惑い、不満が充満し、あとはかつらがバレないかとびくびくしたり、着けることにストレスが蓄積してきたり、ただただ大変な「かつらライフ」が待っているだけです。

ご自分の髪の毛(自毛)の場合でも、風が吹けば乱れますし、帽子をかぶればボリュームがなくなり帽子の型がつきますし、ぬれればヘアスタイルも崩れます。かつらも同じように、髪の毛が乱れたり、型がついたり、ヘアスタイルが崩れるものなのです。

自毛が乱れたら、クシやブラシでとかしたりドライヤーでセットするわけですが、かつらでも同じように手入れをしなければいけません。あと、自毛よりも頭髪に少し気を使う必要があります。

自毛の場合は、髪が逆立っていても、とんでもない寝癖がついていたとしても、それはひとつのヘアスタイルだと、少々おかしくても納得できるものです。将棋の羽生名人のデビューの頃が良い例です。

毛が逆立っているのが彼のトレードマークだったのですが、若さもあってご愛嬌ととれました。しかし、かつらが取れかけて、前がパカパカ浮いたり、ずれて傾いていたらシャレになりません。正しく装着していれば問題ないのです。

かつらは決してご自身の髪の毛と同じように扱うことは出来ません。かつらはかつらの扱い方があるのです。あくまでも自毛とは違うという意識をもってかつらを扱えば、「快適なかつらライフ」が送れるのです。

 - サービスについて

  関連記事

no image
カツラ番外編…こんなWithのお客様たち
付き添いのはずの奥様がかつらを… だんな様のかつらを作りたいとWithヘアショッ …
no image
カツラデビューの練習
自信を持ってかつらデビューをしてください カツラを着けてみようという気になってカ …
no image
カツラを着けたら、なぜイケナイの?
ハゲて当たり前、付けて当たり前 男性ははげるものなのです。頭髪は女性ホルモンにコ …
no image
蒸れないかつら
カツラは蒸れる?蒸れない? 春から夏にかけて、お客様からよく「かつらは蒸れません …
no image
帽子感覚のかつら
かつらやウィッグでおしゃれに変身 かつらやウィッグは、髪の毛が付いている帽子だと …



▲ ページトップに戻る