かつら体験記~運動会~

Withの男性スタッフがかつらを被って運動会に出場しました

かつら体験 運動会

校区の運動会に参加

かつら体験記、第2弾!

今回は、「かつらを装着したまま全力疾走しても大丈夫か!?」ということをテーマに実験して参りました。

9月某日、校区の運動会に参加しました。

小学校区の運動会で、10町内会で競い合う、ほのぼのとした運動会です。

予想に反して、子供も大人も本気モードで、救急車が2回も出動するほどの激しさに驚いてしまいました。

運動会は晴天にも恵まれ、大成功となりました。

さて、私の愛用のかつら「メディフィット」は、運動会でも問題なく使うことができたのでしょうか。結果はいかに!?




消防団として頑張っています

ちょっと話は逸れますが、私は消防団でありながら、小学4年生の娘の父でもあります。

同じくらいの娘をもつご両親から、脱毛症や抜毛症等でかつらのお問い合わせをいただく度に、胸が痛みます。。。

私自身がかつらを使うことで、これからかつらを使おうとしている皆様に何かアドバイスできることが一つでも二つでも増えたら良いと思い、現在に至ります。

消防の仲間には、一度に知らせてしまうと長続きしないので、小出しにかつらを使っていることをアピールして、困っている人たちへお知らせして欲しいとお願いしています。

今回の運動会は、消防団の一員としても参加しました。




前半の山場、町内対抗リレー予選

町内会の代表(お恥ずかしながら・・・)として、町内対抗リレーに出させていただくことになりました。

まずは、予選。ここを勝ち上がらなければ、決勝へは行けません。

5チームのうち2チームが決勝へ駒を進めます。

私は40代代表(45歳です)として、出場しました。

消防の編み上げ靴(ブーツ)で走ったのですが、足があがりません。

このままでも走れるだろうくらいの甘い読みが仇となってしまいました。

かつらを気にするくらいの全力疾走とならず、無念の予選敗退となってしまいました。




消防車出動

午後からの部に入り、消防車での放水のデモンストレーションを行いました。

消防団は、チームワークを大切にします。みんなで協力し合って、任務を遂行します。子供たちも大喜びでした。



かつら体験 消防車出動


順位決定戦

リレーで予選敗退したため、もう走ることはないと思っていた矢先、順位決定戦があるとのお知らせが飛び込んできました。

名誉挽回、今度は裸足で走り、今度こそ、かつらが飛んでしまうくらいの全力疾走をしようと心に誓いました。

そしていよいよ、順位決定戦がスタート。

私たちの町内は2番手でバトンを引き継ぎました。

予選とは違い、足も軽くスピードに乗って走りきることができました。

途中カーブを曲がりきれないほど全力で走りましたが、かつらはピクリとも動きませんでした。

ちょっとは、ずれるかもと内心思っていましたが、真正面から風を受けても全然大丈夫でした。

そのまま2番手でゴール、総合順位は10チーム中7位と、決して自慢できる順位ではありませんが、達成感はありました。

私が被っている医療用かつら「メディフィット」、全力疾走してもずれません。

ちなみにピンを4か所付けて走りました。

かつらは全く大丈夫だったのですが、2日後、私の足は筋肉痛で、悲鳴をあげていました。




かつら運動会に参加

かつら全力疾走





 - かつらWithスタッフ体験記

  関連記事

かつら体験記~キャンプ編~
かつら体験記~キャンプ編~
Withの男性スタッフがかつらを被ってキャンプに行って来ました キャンプ参加 か …



▲ ページトップに戻る