短歌 鬘(かつら)讃歌連作五首

神無月薫さんによる短歌です

かつらを着けて新しい人生のスタートを切った幸せを短歌で表現しています。
ペンネーム「神無月薫 」さんによる短歌です。


短歌 鬘(かつら)讃歌連作五首

短歌 鬘(かつら)讃歌連作五首

公園の散りくる桜花びらに飾られ我れの鬘(かつら)香(かお)れる
禍(まが)ごとの絶えぬ世せめてかつらして浪漫の春を夢追い歩む
春嵐ののちの水たまり映る吾(あ)や今はあこがれしパーフェクト髪
かつらなき写真破り捨て我が過去と決別なして人生の春
歩みゆくかつら髪われ花下に置き忘れたる青春甦(かえ)る



桜が束の間日本中を満たす美しい春が、日曜日私を公園に誘う。
その花の下で過ぎた日々をなつかしみ、一年前かつらをつけて以来
世界が別の様相に感じられ、新しい人生のスタートを切った自分の
幸せを感じたのである。
 
神無月薫
1950年 愛知県生





 

 - その他クチコミ評価レビュー ,

  関連記事

no image
ずれません!カツラ日常使用レポート
実際にカツラを作られたお客様による体験レポート 普段はスキンヘッド、お仕事のとき …
no image
ナチュラルフロント着けてみました!
学校の先生さん(男性)体験レポート たくさんの子供たちとふれあう学校の先生からの …
no image
恥ずかしくなかったです!女性のお客様体験レポ
実際にカツラを作られたお客様による体験レポート 女性のお客様は、カツラを購入する …
no image
Withのかつら、引渡しの日
実際にカツラを作られたお客様による体験レポート やっとできて来たWithのかつら …
no image
遂にWithのカツラを作る!
実際にカツラを作られたお客様による体験レポート 他社からの乗り換え組のお客様であ …



▲ ページトップに戻る