• 電話
  • メール
  • メニュー

男性かつら体験談

  • 20代から薄毛に悩み、消極的な自分を変えるために部分かつらを着用。その結果は・・・?ランサーさん(30代男性)

  • ランサーさん
エピソード4

かつらへの抵抗感や着ける決心やきっかけは?

私は現在、某電子機器メーカーで営業職をしています。

入社してから約7年が経とうとしていますが、私には同僚たちにもまだ話していない秘密があります。

それは、入社時から今までずっと「かつら」を使用しているということです。

私の場合、総かつらではなく頭頂部から前髪にかけての部分かつらですが、今のところ誰かに指摘されたこともないですし、私がかつらであるという噂が流れている、ということもなさそうです。

そもそも、なぜかつらを付けているかというと、薄毛であることは就職活動で不利なのではないか、と思ったからです。

私は大学2年生の頃からだんだんとおでこのあたりが後退し始め、分け目のあたりから少しずつ薄くなってきていました。

親も薄毛なので最初は諦めていたのですが、薄毛であるというせいで、飲み会の席では友人から笑われることもあり、そのせいで人の視線が気になるようになってしまい、挙句には女性に対して消極的になってしまう、というなんともネガティヴな人間になってしまったのです。

このままではいけないと思い、インターネットやテレビの特番などから情報を得ては、食生活を見直したり、喫煙やストレスや運動不足などの生活習慣も改善していき、スカルプDシャンプーを使っては頭皮環境を整えるなど、学生の身分でしたができる範囲で努力してきました。

しかし、やはり自己流では限界があるのか、自分が思っていたほど効果はありませんでした。

就職活動の時期がやってきた

そして、とうとう就職活動の時期がきてしまったのです。

「外見より内面が大事」だと人は言います。

しかし、OB訪問の際にOBの方からこんなことを言われてしまいました。

彼は私の顔(頭部)を見るなり、「なんか苦労人っぽいね。貫禄あってフレッシュさがないよね。まず見た目がよくない。」と。

今振り返ってみても散々な言われようですよね。

確かに私の同級生たちと比べると、頭部が薄いので年相応に見えなかったのかもしれません。

しかし、そんなことが就職活動にどう影響するというのでしょうか?

肥満なら自己管理ができていないと思われて面接に不利になるかもしれません。

が、薄毛に関してはどうしようもないのではないでしょうか?

しかし、彼が言うには、薄毛の人間はまず自分がハゲている事で劣等感を感じているので、自信が極端に少なく消極的で、また実際にそれが行動にでてしまう、とのことでした。

そしてその結果が、就職面接でも自信が持てずにアピールが上手にできない、と言うのです。

確かに私は薄毛になってきたことがきっかけで人の視線を気にするようになり、どこか消極的になってしまっていたのかもしれません。

かといって、当時は薄毛であることが就職活動に多少なりとも影響がでるとは思ってもいませんでした。

私は不安要素を取り除くために、某大手発毛メーカーに相談に行こうか本気で悩みました。

しかし、薄毛ぐらいで就職活動が失敗するなんて、という考えもあり、結局は何もせずにただ普通に就職活動をしたのでした。

結果は一年の就職浪人、そしてかつらの使用を決意

そして結果は、一年の就職浪人です。

勿論薄毛であることが直接的な原因ではないと思います。

しかし当時の私は、内定がどこからももらえないのは薄毛のせいではないか、と思うようになっていました。

そう思うようになってからの私は、翌年の就職活動に向けてこの薄毛をどうするか、そればかり考えるようになっていました。

そしてしばらくしてから、某大手かつらメーカーに相談に行くことにしたのです。

調べると、薄毛対策の選択肢として、自身の発毛を促すもの、植毛、そしてかつらの購入というようにいくつかあります。

私も最初はよくコマーシャルで見かける発毛を促すものにしようかと思っていたのですが、こちらのコースは金額が1回あたり2万円以上するうえに何度も通わなければなりません。

また、家でのケアとして買わされるであろうシャンプーなどの金額も1つが1万円以上もするので、経済的に断念しました。

そうして、私はかつらをつけることに決めたのです。

実際、私の場合は薄毛の部分も少ない方でしたし、特にフルオーダーで作ってもらうというわけではなかったので、比較的安く手に入れることができました。

といっても、かつらだけで約18万円はしましたし、当時の私からすればかなり大きな買い物でした。ただ、発毛・植毛と比べたらぐっと安くできますし、何よりすぐに薄毛を隠すことができるのです。

それこそ最初はかつらに対していいイメージはなく、すぐに周りにばれてしまうのではないか?と不安になりましたが、相談に行って実物を見せてもらったり、実際に装着している人に会ったりすると自分が思っていたよりも自然で、言われなければかつらだとは気付かないほどでした。

これならば!と思い、親に借金をしてとうとう「マイかつら」を手に入れたのです。

かつらのおかげで自信を取り戻せた!

付け始めた最初の頃は、恥ずかしくてなかなか人前に出られなかったのですが、慣れてくると驚くことに外出する回数も増え、就職活動でも事務職ばかりを探していた前年とは違い、人前に出る営業職も選択肢に入れるようになっていったのです。

あの時OB訪問で言われたことを思い出しました。

「薄毛の人間はまず自分がハゲている事で劣等感を感じているので自信が極端に少なく消極的で、実際にそれが行動にでてしまう」

確かにそうだったのです。

最初の年の就職活動の時は気にしないようにしていましたが、実際に面接会場に行くと周りの人はみな若々しく見えるのに対し、何と自分は情けない恰好をしているのだろうと、知らず知らずに悲観的になってしまっていたのだと思います。

そしてそれが面接にも影響されていたのだろうと思います。

それが次の年ではかつらによって自分に自信を取り戻すことができたのです。

結果、私は今の会社に入社することができ、現在も営業職で働いています。

確かにかつらに対して不安もありましたが、あの時早い段階でかつらを付けることにしたのは、今思うと、本当に正解だったと思います。

20代から薄毛に悩む

お気軽にご相談ください。ご予約もこちらからどうぞ。

お気軽にご相談ください

どうぞ遠慮なくご相談ください。

しつこい営業やセールスはいたしません。他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

     

メールでご相談の場合

info★katurawith.com

↑ ★は@に置き換えて下さい。

     

お問い合わせ・来店予約フォーム

ご希望の内容を選択して下さい 必須





お名前 必須 



Eメール 必須 



電話番号 必須 






送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。

pagetop