• ウィッグかつらショップ
  • メニュー
カツラ価格の秘密

本当にカツラは必要なの?CMの影響

かつらのテレビCMの影響

ウィズでかつらを申し込まれるお客様の中で100人中3人程の割合で、ごく一般の公平な目(本来は、かつらを薦めることが仕事なのですが)で見ても、全くかつらを必要としないお客様がおられます。

ヘアショップにご来店され、担当のスタイリストが頭髪を見てみると「 どうして?!髪の毛が充分あるのにかつらを作る必要があるのか?!」と不思議に思うことがあります。

お客様にお聞きすると、「髪の量が少なくボリュームがなくなってきたのでかつらが欲しい。もっと少なくなってからではかつらを付けたってバレるので、今のうちから付けておいたほうが良いから」ということでした。

かつらメーカーの危機感をあおったCMを信じ込んでいるのです。
お客様に、「決して髪の量は少なくないのでかつらは不要ですよ」と本当のことを言っても、「慰めの言葉は結構ですよ」と言われたとのこと。

本来は髪の毛が少なくなってからこそかつらをつけるものだと思うのですが…
テレビのコマーシャル宣伝の暗示効果の魔力には恐ろしいものを感じます

また、別の20代男性のお客様の場合も同じでした。もし、彼にかつらが必要だとしたら、全男性の7割の人はかつらを付ける必要があるのでは?という程、本当に毛量がたくさんあったのです。しかし、彼も自分の毛量は少ないと思い込んでいるのです。

お客様は、「かつらを付けていると、スポーツなどの行動が制限されて消極的になるので、できればかつらを付けたくない」といっているので、「トップと周囲の毛量のバランスを考えたヘアースタイルにすれば、天頂部が少なく見えませんよ」とご説明し、かつらは作らずにカットのみを行ないました。

耳の周りや後ろの方の毛の長さが長くしてあり、癖毛だったので、どうしても天頂部が少なく見えていたようでした。そこで、耳の周りや首筋の長い毛の部分を短く切り、全体の毛量を調整し、頭頂部が少なく見えないように整髪しました。

さらに、もう少しトップにボリュームが欲しいということでしたので、頭頂部にふんわりと緩いパーマをしました。シャンプー・セット後、鏡に映った仕上がりの髪型を見られ、天頂部に十分ボリュームが出ているので納得して帰って行かれました。

このように、髪型やカット・パーマの方法によっては、カツラを着けなくてもボリュームを出すことは可能なのです。お客様は、「(カツラを作らずに済み)今日から、かつらや育毛・増毛のことを気にせず何でもできる」と喜ばれていました。

もちろんこの場合は特殊なケースですが、総じてコマーシャルの宣伝文句に影響されている方が多いようです。



本当にカツラは必要なの?CMの影響 関連記事



               
[   カツラ価格の秘密            ,  ]



   

どうぞ遠慮なくお問合せ下さい

お気軽にご相談ください

ご予約やご相談もコチラから承っております。

しつこい営業やセールスはいたしません。 他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • お気軽にお電話ください!0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

お問合せ・来店予約フォーム

ご希望の内容を選択して下さい 必須

お問合せ(オンライン相談)
来店予約(サンプル見学・ご相談)
来店予約(オーダーメイド検討)
来店予約(即納セミオーダー検討)

   お問合せ(オンライン相談)
   来店予約(サンプル見学・ご相談)
   来店予約(オーダーメイド検討)
   来店予約(即納セミオーダー検討)



お 名 前必須

Eメール必須

電話番号必須






送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。


メールでご相談の場合

info★katurawith.com

かつらウィッグお問合せ

感染症対策実施中
来店予約お問合せ
来店予約お問合せメール

来店予約お問合せ電話
pagetop