• 電話
  • メール
  • メニュー

かつらQ&A・よくある質問

 

かつら・ウィッグ
よくある質問・Q&A

 

かつらQ&A
よくある質問

Frequently Asked Questions

特によく頂戴するQ&A・ご質問

まずは、「ウィズ本部」へのお電話、メールにてご来店予約をお願い致します。
ご予約日になりましたら、ウィズ提携店へご来店いただき、カウンセリングの後、オーダーメイド製品の型取り、またはセミオーダー製品のカットを致します。

かつらのご購入には、ウィズが提携している一般の美容室にお越し頂いております。
ご見学やご試着からカウンセリング、医療用かつらのカット仕上げまで、プロの美容師が担当致します。
全国の提携店は、『かつらWith全国提携店一覧』をご覧下さい。

かつらWith提携店は「一般の理容室・美容室」です。
通常、サロンワークを行っておりますので、急なお電話やご来店にはご対応できかねます。
そのため、ショップ住所や電話番号といったウィッグ店詳細の掲載は控えさせて頂いております。
ご予約日時が決りましたら、店舗の地図等の詳細をご案内させて頂きます。何卒、ご了承くださいませ。

オーダーメイドなら税抜き158,000円~188,000円+オプション料金、即納セミオーダーかつら(ウィッグ)なら税抜き128,000円~178,000円です。
詳しくは、『ウィズのかつらの価格』をご覧下さい。

Ⅰ.かつらの基礎知識

使用頻度や方法によりますが、平均2~3年とご案内しております。
詳しくは、『かつらって、一体どのくらいの寿命?長持ちさせるこつは?』をご覧下さい。

両面テープをお使いいただくこともできますし、金属を使用していないプラスチックのピンもございます。
ご自身のお髪やお肌の状態によって、最適な方法をお選び頂けます。
詳しくは、『ウィズのかつらの装着方法はどんなものがあるの?』をご覧下さい。

基本的に、両面テープかピンを使っての装着をお薦めしております。
お肌へのダメージを考慮してお薦めはしておりませんが、どうしても強力な装着方法をご希望の場合は、かつら用の接着剤がございます。
また、編み込み式や長期間の接着タイプなど、連続着用のかつらは、ウィズではお取り扱いしておりません。
詳しくは、『ウィズのかつらの装着方法はどんなものがあるの?』をご覧下さい。

脱毛箇所が一か所だったり、カバーしたい範囲が小さいときにお使い頂くかつらです。
お気になられている部分に合わせて装着し、ご自身の自毛とかつらの毛を馴染ませて使用します。
詳しくは、『男性用部分かつらとは?どんな人におすすめ?
女性用部分ウィッグとは?どんな人におすすめ?』をご覧下さい。

どちらも長所・短所がございますが、ウィズでは自然さを追求して人毛をお薦めしております。
詳しくは、『かつらの毛質、人毛や人工毛の違いは?何が良いの?』をご覧下さい。

ウィズでは、長期間つけたままのカツラは推奨していません。なぜなら、連続装着することで、頭皮の健康を損ねたり、ご自身の髪の毛を傷めるためです。頭皮と髪のダメージを考慮して、着脱式のかつらを推奨いたします。
詳しくは、『一か月間など、長期間つけたままいられるかつらはある?』をご覧下さい。

「全かつら」は、もみあげからえりあしまでしっかりと頭全体をカバーするかつらです。
おしゃれ用なら、イメージチェンジなどで、医療用途なら、抗がん剤治療や、円形脱毛症の方が使用されます。
詳しくは、『男性用の全かつらって何?どんな人におすすめなの?』、『女性用のフルウィッグって何?どんな人におすすめなの?』をご覧下さい。

かつらを選ぶ際は、「用途」「気になる部分」を軸に選んでいただくと、ぴったりのかつらが見つかります。
詳しくは、『男性かつら選び方』、『女性ウィッグ選び方』をご覧下さい。

全かつらの場合は、眉毛から指4本の位置にかつらのベースが来るように調節されると良いです。
部分かつらの場合は、自毛とかつらの毛の馴染み具合がとても大切なので、自毛のお手入れも重要です。

「こだわって自分のためだけのかつらを作りたい」という方にお勧めです。
45~50日程、作成期間を頂くようになりますので、お時間に余裕のある方にお選びいただいています。
詳しくは、『オーダーメイドのかつらって?どんな人におすすめ?』をご覧下さい。

ウィッグの毛絡みの予防策としては、髪の毛の「乾燥」と「摩擦」を避けることが挙げられます。
特に冬場は、乾燥・静電気による摩擦が起こりやすい為、ご注意頂くと良いでしょう。
詳しくは、『かつらの毛が絡まないようにするには?絡まった時の対処法は?』をご覧下さい。

かつらをピンで留める場合、最初は少し練習が必要な場合もありますが、「思ったよりもすぐ慣れました!」というお声がたくさん届いています。
また、かつら用のピンはしっかりと自毛を挟み込みますので、少々の衝撃や風などでズレたり外れてしまう事はありません。
詳しくは、『かつらをピンで着脱するのは難しい?ピンのつけかた・外し方』をご覧下さい。

Ⅱ.かつらココが気になる

Withのウィッグは天然人毛を100%使用しているので、風合いが自然です。
髪型は、出来合いのものではなく、プロの美容師が一人ひとりに合わせてフルカットするので、より自然に仕上がります。
詳しくは、『ウィズのかつら、本当に自然なの?』をご覧下さい。

ウィズのかつらは天然の人毛100%でお作りしているので、カラーリングが可能です。
ただし通常の人毛は、今より暗くすることはできますが、明るくすることはできません。
レミー毛の場合は、暗くも、明るくも染めてお使い頂けます。(毛質ごとに別途カラー代を頂いております。)
詳しくは、『かつらはカラーリングできる?』をご覧下さい。

高い位置できっちりポニーテールをする、等は難しいのですが、ふんわりとしたハーフアップや、低い位置でまとめるといったアレンジが可能です。
自毛が長い場合は、ウィッグの毛と自毛を一緒に結ぶと安定感が増しますので、おすすめです。
また、女性ウィッグヘアスタイルでは、ウィッグでできるヘアアレンジ例もご紹介しています。ぜひご覧ください。

人毛のかつらの場合、パーマをかけることができます。
詳しくは、『かつらにパーマはかけられる?』をご覧下さい。

オーダーメイドならお好みの白髪の量のかつら・ウィッグをお作り頂けますし、
即納セミオーダーかつら(ウィッグ)の場合は、白髪量10%、30%、60%の中から、お好みの製品をお選びいただけます。
白髪交じりのかつら・ウィッグについて、詳しくは
白髪交じりの男性用かつらについて
白髪交じりの女性用ウィッグについて』をご覧下さい。

With提携店の化粧室にてご自身でウィッグを装着して頂き、その後カットさせて頂くなどの方法がございます。ご予約の際、事前にご希望の旨をお知らせ下さいませ。

かつらをつけたままシャンプーをするのは、毛がらみや傷みの原因となりますのでオススメしませんが、普通に浴槽につかっていただくのは問題ないです。
お風呂をあがった後に、個室やトイレにてウィッグの内側をしっかり拭いてケアをしてください。
また、つけたまま寝ることはできますが、寝相や寝ている間の動きに気をつけてください。
詳しくは、『かつらを着けたままお風呂・温泉には入れるの?』をご覧下さい。

通気性のよい素材を使用しますので、汗をかきやすいお客様でも蒸れは少ないですが、やはり何も被っていない状態と比べると、暑さを感じやすいかと思います。
夏場などは、暑さ対策をとられると、より快適に過ごして頂けると思います。
詳しくは、『かつらを着けると暑い?暑さ対策はあるの?』をご覧下さい。

スポーツ刈りのような、髪の長さが短すぎるカットはベース生地が見えてしまい、不自然に見えますので、お薦めしておりません。
カツラの縁が見えないように、耳にかかるくらいの長さが、最も自然に見える長さです。
しかし、カツラの種類や自毛の状態、スタイリング方法によって、スッキリと清潔感のあるスタイルを作ることができます。
詳しくは、『男性かつらは、スポーツ刈りや刈り上げなどの短髪にできますか?』をご覧下さい。

オーダーメイドならば、金髪のカツラを作製することができます。
ただし、人毛で金髪のカツラを作成する場合、黒い髪の毛を繰り返し脱色して金髪にしますので、髪の栄養分の無い、ダメージが大きい髪となってしまいます。
傷んだ髪でカツラを作るため、通常の人毛より切れげや毛がらみが起こりやすくなります。
詳しくは、『金髪のかつらは作れる?』をご覧下さい。

通常の人毛の場合は、できません。カラーは、明るい色から暗い色へのみ可能です。
レミー毛の場合は、明るい色へ染めることもできます。
詳しくは、『かつらはカラーリングできる?』をご覧下さい。

坊主頭・スキンヘッドにされているお客様にも、かつらをお使い頂けます。
坊主・スキンヘッドのお客様へは、頭全体をすっぽりとカバーできる「全かつら」がおすすめです。
詳しくは、『自毛を剃ってスキンヘッドや坊主頭にして、かつらを使えますか?』をご覧下さい。

はい、ウィズには、男性用かつらも、女性用ウィッグも、ご来店日当日にお持ち帰り頂ける「即納セミオーダーかつら(ウィッグ)」がございます。お手持ちのかつら・ウィッグの破損や紛失、急な脱毛でお困りの場合など、早くかつら・ウィッグが必要なお客様におすすめです。
詳しくは、『男性用かつらが可能な限り早く必要な方へ』、『女性用ウィッグが可能な限り早く必要な方へ』をご覧下さい。

オーダーメイドで分け目・つむじを自然にするには、オプション「フリースタイルAirプラス」を追加して頂くのがおすすめです。
地肌から髪が生えているように見え、しかも従来の人工皮膚のように蒸れることなく快適です。
詳しくは、『かつらのつむじは自然に見える?』をご覧下さい。

生え際の自然さにこだわりたい方には、オプションの「ナチュラルフロント」仕様がおすすめです。
極薄のレース生地やスキンを用いますので、間近で見てもかつらとの境目がわかりにくくなります。
詳しくは、『かつらで、生え際を自然にするにはどうしたら良いの?』をご覧下さい。

「ちょっとトップにボリュームが欲しいかな?」というときは小さなトップピースがお薦めです。
もっと広い範囲をカバーしたり、白髪染めの頻度を減らしたい、というときは、大きな部分ウィッグや、フルウィッグをお使いいただいているお客様もいらっしゃいます。
詳しくは、『おしゃれ用途でウィッグをお探し女性向けの用途・サイズ別のウィッグ紹介』をご覧下さい。

基本的に空港の金属探知ゲートでかつらのピンが探知されることはないようですが、国によって金属探知の厳しさには違いがあります。
万全を期す場合、揉み上げ部分の銅線を外したり、前もってプラスチック製のピンをお使い頂くことで金属を使用せずに装着可能です。
詳しくは、『かつらをつけたままで空港の金属探知のゲートをくぐれるの?』をご覧下さい。

Ⅲ.お手入れについて

かつらのシャンプー、セットなどの日常のお手入れは、全てご自宅で行って頂けます。
人毛100%なので、ドライヤーをお使い頂いても安心です。
詳しくは、『かつらのシャンプー方法について』をご覧下さい。

洗面器などに水をはり、ウィッグ向けのシャンプーを溶かしてシャンプー液を作り、くぐらせるようにして洗います。トリートメントも同様です。
詳しくは、『かつらのシャンプー方法について』をご覧ください。

ウィズでは、定期的なメンテナンスを強制することはありません。かつらのシャンプー等、日常のお手入れはご自宅で行って頂けます。
自毛の散髪は、ウィズ提携店で、お客様のご希望のタイミングでお任せいただけます。
詳しくは、『男性用かつらのメンテナンスや散髪は、絶対必要ですか?』をご覧下さい。

かつらのシャンプーは、週に一度を目安に行って頂くようになります。
毎日シャンプーされると、かつらの劣化を早めてしまいかねません。
詳しくは、『かつらは毎日シャンプーしないといけないの?』をご覧下さい。

Ⅳ.サービス・購入方法は?

オーダーメイドなら税抜き158,000円~188,000円+オプション料金、即納セミオーダーかつら(ウィッグ)なら税抜き128,000円~178,000円です。
詳しくは、『ウィズのかつらの価格』をご覧下さい。

部分かつらで約35~45日、全かつらで45~50日が目安です。
お急ぎの場合は、ご来店日当日にお持ち帰り頂ける「即納セミオーダーかつら(ウィッグ)」がおすすめです。
オーダーメイドの納期について、詳しくは、『かつらの納期はどのくらい?注文したら、いつ出来るの?』、即納セミオーダーかつら(ウィッグ)について詳しくは、『男性用かつらが可能な限り早く必要な方へ』『女性用ウィッグが可能な限り早く必要な方へ』をご覧下さい。

ございます。ご来店が難しい場合は、通信販売にてサンプルをご覧いただいたり、ご購入して頂けます。
詳しくは、『通信販売の流れ』をご覧下さい。

お店によって、完全貸し切りや個室でのご対応や、他のお客様のいらっしゃらない営業時間外にお越し頂くことができます。
ご予約、お問い合わせの際に、お申し付けくださいませ。
詳しくは、『かつらWith全国提携店一覧』をご覧下さい。

かつらはハンドメイドで作製するので限界がありますが、そっくり似せて作ることは可能です。
また、メーカーによって毛質、ベース素材に違いがありますので、全く同じ物を作成するのは難しいです。
ですが、オーダーメイドの際にお手持ちのかつらをお持ちいただくことで、最大限近くなるよう、複製コピーの精度を上げることはできます。
詳しくは、『かつら(ウィッグ)の複製コピーは可能?』をご覧下さい。

初期不良に関しましては、1ヶ月以内のお申し出があれば対応させて頂いております。
その他の修理に関しましては、お得な有償保証制度を設けております。
詳しくは、『ウィズのかつらには保証制度はあるの?』をご覧下さい。

安価なファッションウィッグが人工の毛髪を使用し、機械で作成しているのに対し、ウィズのかつらは天然の人毛100%で、全て手作業で作成しています。
プロの美容師によるカット仕上げで、ヘアスタイルもナチュラルに仕上がります。
詳しくは、『ウィズのかつらは、格安のウィッグと何が違うの?』をご覧下さい。

ご購入後一か月以内の調整カットを、無料で承っています。
また、お電話やメールで、日頃の基本的なお手入れ方法はもちろん、整髪料の選び方からセット方法、トリートメント等のスペシャルケアなどのお問い合わせにも、詳しくお応えしております。
詳しくは、『ウィズのアフターサービスにはどんなものがあるの?』をご覧下さい。

オーダーメイドの場合は、お渡しから一か月以内のお申し出であれば、ご対応をさせて頂いています。

かつらのご購入には、ウィズが提携している一般の美容室にお越し頂いております。
ご見学やご試着からカウンセリング、医療用かつらのカット仕上げまで、プロの美容師が担当致します。
詳しくは、『かつらWith全国提携店一覧』をご覧下さい。

はい、ご来店時には必ずご予約を頂いております。
お越し頂くのは一般の美容室でございますので、急なご来店ですとご対応できない場合が多いためです。
ご予約ご希望のお客様は、こちらの「お問い合わせ・ご予約フォーム」から承ります。

大変申し訳ございませんが、初回のご予約はウィズ本部にて調整させて頂いております。
お店が一般の美容室という特性上、担当者が施術中で、急なお電話やご質問にご対応できない場合が多いためです。
製品に関するご質問や、お近くのショップのご案内については、ウィズ本部にて承ります。

Ⅴ.医療用ウィッグについて

火傷や事故のお怪我の痕など、気になる範囲が小さい・変わらないときにお使い頂くことが多いです。
円形脱毛症の方で、長期間脱毛箇所が変わらな場合も、部分ウィッグをお選び頂くことがあります。
お急ぎの際はご来店日当日にお渡し可能な即納セミオーダーかつら(ウィッグ)のラインナップの中からお選び頂くことができます。
患部の形状に合わせた特殊な形にされたい場合は、オーダーメイドでお作り頂くことも可能です。

ご自身のお髪がある状態でも、医療用ウィッグをお選びいただくことが出来ます。
全頭タイプの即納セミオーダーかつら(ウィッグ)場合、伸縮性のある素材で作成していますので、ある程度の自毛の増減にも対応できます。
ただ、髪が長い方、毛量が多い方は、脱毛前後でサイズ感が大きく変わると考えられますので、髪を短めに整えられたり、少し小さめのサイズをお選び頂いたりすると良いかと思います。

脱毛前後でサイズ感が少し変わる可能性がありますので、
医療用の即納セミオーダーかつら(ウィッグ)場合、ご試着時に少しきつめの製品をお選びください。
オーダーメイドの場合は、型を小さめに取る、型を少し詰める、製品にアジャスターをつける、などで自毛の増減に対応できます。

初期の円形脱毛症の場合、範囲が広がる可能性もあるため、今後の脱毛の具合を予測するのが非常に困難です。
そのため、脱毛箇所、量の増加を想定して、フルウィッグをおすすめしております。
長期間同じ個所のみの脱毛のお客様は、部分ウィッグをお選び頂いても大丈夫かと思います。
詳しくは、『円形脱毛症の男性かつらの選び方』、『円形脱毛症の女性ウィッグの選び方』をご覧下さい。

『医療用ウィッグ』とは、円形脱毛症や抗がん治療など、ご病気やケガなどの医療用途で使用するウィッグです。
残念ながら、医療用ウィッグは厚生労働省から医療器具として認められていない為、決まった定義があるわけではありません。
医療用途に使用される場合を指して『医療用ウィッグ』とわかり易く表現しているだけなのです。
詳しくは、『医療用ウィッグって何?おしゃれ用のかつらとの違いは?』をご覧下さい。

フルウィッグは、抗がん剤治療や円形脱毛症の方で、頭部全体をカバーしたい方向けの医療用ウィッグです。
部分ウィッグは、火傷や怪我などで、脱毛範囲が限定されている場合にお選びいただくことが多い医療用ウィッグです。
詳しくは、『全かつらって何?どんな人におすすめなの?』『部分かつらって何?全かつらとの違いは?どんな人におすすめなの?』をご覧下さい。

現時点では、医療用ウィッグは、医療器具として認められていないので、基本的に医療費控除の適用外です。
例外的に、医師の診断で医療用ウィッグが治療に必要不可欠と判断された場合、稀に医療控除が適用されることもあるようです。
詳しくは、『医療用ウィッグに医療控除は適用されるの?』をご覧下さい。

抜毛症(ばつもうしょう)とは、自分で自分の髪の毛を抜いてしまう病気です。
同じ所だけを抜く症状で、脱毛範囲も比較的狭い場合には、部分的にカバーする部分ウィッグで良いこともあります。
しかし、あちこち抜いてしまう癖がある場合には、頭部をすっぽり覆うフルウィッグが最適です。
詳しくは、『抜毛症の男性かつらの選び方』、『抜毛症の女性ウィッグの選び方』をご覧下さい。

即納セミオーダーかつら(ウィッグ)は、ご来店日当日にお持ち帰り頂けますので、お急ぎの方に最適です。
フルウィッグ・部分ウィッグ共にサイズや毛色のラインナップが豊富ですので、ぴったりの医療用ウィッグをお選び頂けます。
詳しくは、『男性用かつらが可能な限り早く必要な方へ』『女性用ウィッグが可能な限り早く必要な方へ』をご覧下さい。

公的な医療保険は、病気や怪我等の直接治療のために使うものでないと適用になりません。
医療用ウィッグはあくまで「外見を整えるもの」と判断されることから、公的な医療保険が適用にならないようです。
詳しくは、『医療用ウィッグの購入には、医療保険が適用されるの?』をご覧下さい。

医療用ウィッグは、抗がん剤治療が始まる前に前もって用意しておくことが一番良いかと思います。
体調が安定している時に事前に用意しておくと、いざという時に焦らないで落ち着いて治療に専念できたとご報告頂いたこともありました。

とてもありがたいお申し出なのですが、ウィズでは医療用ウィッグの寄付はお受けしていないのです。
ウィッグの寄付の受付やレンタルを行っている団体さんがありますので、そちらへお持ちいただくと良いかと思います。

ウィズの医療用ウィッグに付属している金属製の銅線や、ピンは外していただくことが出来ます。
それらを外した状態であれば、各種検査を受けて頂くことが出来ます。
念のために、担当の先生にはご相談の上、検査を受けられてください。
詳しくは、『医療用ウィッグを着けたまま、MRIやレントゲンなどの検査を受けられる?』をご覧下さい。

医療用ウィッグを選ぶ際は、「用途」「気になる部分」を軸に選んでいただくと、ぴったりの医療用ウィッグが見つかります。
詳しくは、『医療用ウィッグ、用途別の選び方』をご覧下さい。

現在医療用ウィッグをお使いの方や、こだわって医療用ウィッグを作成したい、という方へおすすめです。
また、怪我や火傷の後をカバーするために、患部に合わせた特殊な形状の医療用ウィッグの作成をご希望の方も、オーダーメイドがおすすめです。
ウィズでは、楕円型・丸形の医療用ウィッグ以外に、特殊な形の医療用ウィッグを作成した実績がございます。
詳しくは、『オーダーメイドのかつらって?どんな人におすすめ?』をご覧下さい。

お住まいの地域によって、その地域独自の医療用ウィッグ購入支援の制度があるようです。
医療用ウィッグには、自治体の助成金制度があるの?』では各自治体の助成金について、
医療用ウィッグ購入時、自治体から受け取れる助成金一覧(2020年版)』では、各自治体による医療用ウィッグ助成金制度を一覧にまとめています。
※一覧に掲載しておりますのは、現在インターネット上で確認できる助成金制度に限ります。詳細は、お住まいの自治体にお問い合わせいただくと確実です。

ご加入されている民間保険のプラン、特約によって、医療用ウィッグ購入時に保険適用となるケースもあるようです。
詳細は、ご加入されている保険会社さんへご確認いただくと良いかと思います。
詳しくは、『医療用ウィッグの購入時、民間の保険の支援はあるの?』をご覧下さい。

Ⅵ.お子様用かつらについて

オーダーメイドなら税抜き158,000円~188,000円+オプション料金、即納セミオーダーかつら(ウィッグ)なら税抜き128,000円~178,000円です。
また、小学生までのお子様でしたら、10,000円のお子様割引が適用になります。
詳しくは、『ウィズのかつらの金額について』をご覧下さい。

Withの子供用医療かつらは100%人毛を使用しているので、風合いが自然です。
髪型は、出来合いのものではなく、プロの美容師がお子様お一人おひとりに合わせてフルカットするので、お顔立ちによく合う自然な仕上がりになります。
お子様の以前に撮影した写真や、気に入ったスタイルの雑誌の切り抜きなどをお持ち頂けると、担当の美容師に髪型のイメージが伝わりやすく、ご希望の髪形に近づけることができます。
詳しくは、『ウィズのかつら、本当に自然なの?』をご覧下さい。

ウィズのかつらは天然の人毛100%でお作りしているので、カラーが可能です。(ただ、暗い色を明るくすることはできません。)
色が退色して赤茶けてきた場合は、暗くカラーし直すことが出来ます。
詳しくは、『かつらはカラーリングできる?』をご覧下さい。

毎日のお手入れは、ご自宅でしていただけます。 お休み前の毎日のケアとして、内側をよくしぼったタオル等で拭いてください。
汗や皮脂を軽く落とすことでさっぱりしますし、ベースの長持ちの為にもよい方法です。
髪は、軽くブラッシングしていただくことで、髪についたホコリや汚れをある程度取り除くことができます。

洗面器などに水をはり、シャンプーを溶かしてシャンプー液を作り、くぐらせ洗いをします。トリートメントも同様です。
かつらの髪の毛が傷んだり、絡んだりしてしまうので、ごしごしとこすって洗うのは避けてください。
詳しくは、『かつらのシャンプー方法について』をご覧下さい。

ゆったりと一つに結ぶスタイルなら、大丈夫です。フェイスラインも目立ちません。
自毛が残っている場合は、ウィッグの髪と自毛を一緒に結ぶと、ウィッグがよりずれ難くなって安心です。
二つ結びにされたい場合は、後頭部の髪の分け目がきれいになるよう、オーダーメイドでの作成がおすすめです。
ポニーテールなどの髪型は、襟足やフェイスラインが見えやすくお奨めいたしません。

頭に直接衝撃がかかるサッカーのヘディングやマット運動のでんぐり返しなどは、ウィッグがずれたりする可能性があります。
激しい運動をされる際には、両面テープやピンなどをいつもよりも多く使用してしっかり固定するなど、事前の準備を万全にしてください。
詳しくは、『かつらをつけたまま、運動や水泳はできるの?』をご覧下さい。

基本的には、かつら(ウィッグ)をつけたまま泳ぐのはお勧めしません。
水圧でウィッグが外れてしまうことや、塩素によるダメージも心配されますので、水泳は避けていただいたほうが安心です。
しかし、水泳キャップをしっかりと被ってかつら(ウィッグ)を固定し、水泳をされているお客さまもいらっしゃいました。

詳しくは、『かつらをつけたまま、運動や水泳はできるの?』をご覧下さい。

ウィズのお子様用医療かつらは、お子様でも簡単にニット帽のような感覚で脱着できるよう設計されています。
伸縮性に富んだベースネットとゴムのアジャスターにより、やさしく頭を包み込むような構造になっています。
子供さんが一人でも簡単に着けはずしできますので安心してください。

女の子のお子様で、自毛が残られている場合は、かつらの髪と自毛を一緒に結ぶことでかつらがずれにくくなるので安心です。
普段より運動量が多くて心配な場合は、通常時よりしっかりと両面テープやピンで固定して、備えて頂くと良いかと思います。

スポーツ刈りのような、髪の長さが短すぎるカットはベース生地が見えてしまい、不自然に見えますので、お薦めしておりません。
かつらの縁が見えないように、耳にかかるくらいの長さが、最も自然に見える長さです。

   

どうぞ遠慮なくお問合せ下さい

お気軽にご相談ください

ご予約やご相談もコチラから承っております。

しつこい営業やセールスはいたしません。 他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • お気軽にお電話ください!0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

お問合せ・来店予約フォーム

ご希望の内容を選択して下さい 必須

お問合せ(オンライン相談)
来店予約(サンプル見学・ご相談)
来店予約(オーダーメイド検討)
来店予約(即納セミオーダー検討)

   お問合せ(オンライン相談)
   来店予約(サンプル見学・ご相談)
   来店予約(オーダーメイド検討)
   来店予約(即納セミオーダー検討)



お 名 前必須

Eメール必須

電話番号必須






送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。


メールでご相談の場合

info★katurawith.com

かつらウィッグお問合せ

感染症対策実施中
来店予約お問合せ
来店予約お問合せメール

来店予約お問合せ電話
pagetop