• 電話
  • メール
  • メニュー
カツラよくある質問、Q&A

かつらが目立つのを防ぐには?

かつらが目立つのを防ぐには?

かつらに視線を感じるときは?

かつらを装着している人が、かつらに視線を感じた場合は、明らかに何かがおかしいと思った方が良いでしょう。

自毛と髪色が違う。自毛が伸びすぎていてかつらのの毛長さとアンバランスになっている。 Etc.

ありえないような例として、ボロボロに使い古した原型を留めていないかつらをかぶっていらっしゃる場合もあります。

かつらをしている意味がありません。逆に目立ちますし、かつらを着けていますとアピールしているようなものです。

かつらは消耗品であること(寿命があること)、お手入れが必要であることをしっかり認識していただければと思います。

定期的に手入れをし、客観的にかつらがちゃんとしていておかしくない状態かチェックするということをしていれば大丈夫と思います。




かつら自体がおかしいのではない

もうひとつのケースとしては、自然なかつらをかぶっているのにバレて注目を集めるケースです。

一番多い原因は、ずれていることです。

かつらはただかぶればOKというものではありません。

着け位置は、適正な所に着けなければ違和感がでてきます。

また着ける場所は、常に同じでないとバレやすくなります。

稀なケースですがびっくりすることに、かつらの前後を間違えて装着していたという事例もあります。

一般の人でかつらのことを知らないという人でも常に身だしなみのチェックを心がけているような人は、他人のかつらの毛と自毛の色合いの微妙な違いや、かつらの毛と自毛の段差等に気づきます。

あまり鏡を見ずに、簡単にかつらだけ被っていればOKと思っているかつらユーザーは、要注意かもしれません。

かつらに視線を感じたら、すぐお手洗いに駆け込み、鏡でチェックすることをお勧めします。




人の視線を感じなくなる方法

実は、人は自分が思っているほど、他人に興味がありません。

自分で劣等感を感じてしまっていることもあって、過剰に視線を感じているように思うことも考えられます。

自身が思っているほど、人は見ていなかったりするものです。

自然なかつらを正しく使う。自分のかつらのかぶり方がおかしくないかチェックしておく。

大丈夫だと確かめていて、その上で自信をもって行動することです。

かつらの正しい使い方ができなければ、不安は解消されないでしょう。

そしてびくびくしなければ、人からの視線は感じなくなるのです。





かつらが目立つのを防ぐには? 関連記事



               
[   カツラよくある質問、Q&A            ,  ]



お気軽にご相談ください。ご予約もこちらからどうぞ。

お気軽にご相談ください

どうぞ遠慮なくご相談ください。

しつこい営業やセールスはいたしません。他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

     

メールでご相談の場合

info★katurawith.com

↑ ★は@に置き換えて下さい。

     

お問い合わせ・来店予約フォーム

ご希望の内容を選択して下さい 必須





お名前 必須 



Eメール 必須 



電話番号 必須 






送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。

pagetop