• 電話
  • メール
  • メニュー
かつらよくある質問・Q&A

よくある質問・Q&A

よくある質問
Q&A

Frequently Asked Questions

Ⅰ.かつらの基礎知識

よくある質問Q&AⅠ-6.一か月間など、長期間つけたままいられるかつらはある?

連続着用の種類について

一言で「連続着用」といっても、大きく分けて二通りの方法があります。

どちらも「取れないので安心」「つけっぱなしで楽かも」というイメージがあるでしょう。しかし、頭皮や自毛へのダメージがあるということは忘れてはいけません。

①-1.編み込み式

ウィッグの毛を自分の髪に編みこんで、固定する方法です。

編込み式の中には、髪の毛自体で編みこんでいるもの、ビーズのような部品を使って自毛とかつらを固定する方法等があるようです。

髪は伸びてくるのでゆるみが出てかつらが浮いてくるという事態がおこります。そのため定期的に絞めこみ直しが必要となります。

自分で編みこみすることはできませんので、お客様は定期的にお店に通って編みこみサービスを受ける必要が出てきます。

編み込み式には定期メンテナンスが必要

①-2.接着剤での装着

強力な接着剤で、かつらと地肌を接着させる方法です。

強力な接着剤でかつらと地肌を接着するので、ピンや両面テープでの固定に比べしっかりと固定できます。

一度装着すると、しっかりと固定されている為なかなか取り外しが困難です。

こちらも月に一度程度、専用のショップに通ってリムーバーで取り外すなどのメンテナンスが必要になります。

②連続着用のメリット

連続着用のかつらのメリットは、「風が吹いても水の中でも取れることがない」こと、そして、「毎日の着脱の手間が無い」ことです。

自毛としっかりと固定できる為、 風の強い日でも、ビル風の強い場所でも、「取れてしまわないかな?」と不安に思うことが少なくなると思います。

また、お風呂に入るときや就寝時もかつらを外さなくて良いですので、誰かと一緒に行く旅行の際にも、心配に思ったり、気を遣うことがなくなります。

③連続着用のデメリット

連続着用のかつらとお風呂

このように、連続着用は取れる心配がなく安心ですが、その分デメリットもあります。

皮膚が弱い方の場合は、頭皮が炎症を起こす可能性もありますし、夏場は暑くてもかつらを自分の意思で脱げません。

また、夜寝るときやお風呂に入浴するときに外さなくてよい、というのは、メリットであり、同時にデメリットにもなります。

入浴の際は、かつらを着けたまま髪を洗えるので一見便利なようですが、ご自身の頭皮をしっかり洗えない・シャンプー液をきちんとすすげない、という弱点になるのです

編込み式の場合、かつらと地肌のわずかな隙間からしか頭皮を洗えませんし、接着剤の場合は頭皮とかつらが密着しているので、直接地肌を洗うことが出来ません。

衛生的にもよくありませんし、シャンプーしているとはいえ、洗っているのはご自身の頭皮ではなく、頭皮に貼りついたかつらですので、かゆみも治まらないかと思います。

連続着用のかつらは、簡単に言うと、頭に大きな絆創膏を貼って生活しているようなものです。

頭皮は皮膚呼吸が困難になり、ふやけてしまい、頭皮湿疹や皮膚病を起こす危険性があります。

ウィズにも、頭皮が赤くただれたお客様が他社製の連続着用をやめたいと言ってやってきて、ご注文頂いたケースが何件もありました。いつもかゆくて不快だし、お風呂で頭をきれいにちゃんと洗いたいので二度と編みこみは嫌だと言っておられるお客様もおられました。

連続着用のかつらは頭皮を傷める?

さらに、連続着用の場合、自毛と編みこんでいる為、自毛が伸びてくると、かつらが浮いてきてしまいます。 ご自身での編みこみが困難な為、毎月専門のショップに通って編み直しが必要となります。

月に一回程度、かつらの編み直しや取り外し、シャンプーの為に必ずメンテナンスに通わなければならず、ランニングコストがかかってしまうのです。その上、メンテナンス時に次の製品のセールスをされてしまうのでそれがいやでたまらないとお悩みの方もいらっしゃるようです。

また、脱毛範囲が広がったり、自毛が少なくなってくると、編み込み式自体できなくなることもあります。

④ウィズでは着脱式のかつらをおすすめします

連続着用のかつらには、上記のようなデメリットがあるので、ウィズではお薦めしておりませんし、お取り扱いもしておりません。

もちろん、連続着用はかつらユーザーの方にとってはとても安心な装着方法で、本当の自分の毛のようにそのまま何もしなくてよかったり、外さなくてもよいというのがお客様の望みということは重々承知しています。

しかし、ウィズではお客様の頭皮の健康を優先しているのです。

せっかくウィッグを着けてかっこよくなっても、ご自身の頭皮がボロボロになってしまっては大変です。

着脱式はどうしても不安、という方もいらっしゃるかと思いますが、ストッパーピンや両面テープでも、しっかりと装着すれば簡単に取れてしまうことはありません。

ウィズの着脱式かつらのユーザーさんは、旅行や行楽などの際には、普段より装着方法に気を遣う・鏡で小まめにチェックする・・・・など、様々な工夫をされています。(情報交換シート:行楽時の対策へリンク?)

中には、「ジェットコースターにも乗れました!」という体験談を送ってくださる方もいらっしゃいました。

ウィズのおすすめは着脱式かつら

⑤編み込み式かつらのユーザーさんが乗り換えするには?

編み込み式のかつらを使われていて、暑かったり、蒸れて肌が荒れてしまった、ということで、着脱式かつらへの乗り換えを希望される方はたくさんいらっしゃいます。

そこで気になられるのは、「自分で外せないかつらなのに、ウィズのかつらの試着や乗り換え、オーダーメイドの型取りができるの・・・?」というところだと思います。

編込み式かつらは取れない!とはいえ、伸縮性のある糸のようなもので自毛と結び付けているので、ハサミなどで糸を切ってしまえば取り外しは可能です。

ご来店日当日にお持ち帰り頂けるセミオーダーかつらの場合は、編み込み式かつらを取り外しても新たなかつらを着けてお帰り頂けるので安心ですが、問題はご試着のみのご予定や、オーダーメイドの型取りの場合です。

ウィズヘアショップでは編み込み式かつらを外すことはできますが、「取り付け」は行っておりませんので、編み込み式かつらを取り外した後、スムーズに再装着できるよう、事前に予定を組む必要があります。

ウィズ見学時のスケジュール

ウィズで主にご案内させて頂いている方法は、以下のようになります。

【事前準備】

  • ①ウィズヘアショップのご来店予約を頂く
  • ②ウィズへのご来店と同じ日に、お使いの編み込み式かつらのサロンへ、取り付けのための予約をお取りいただく
  • ③帽子を用意する(ウィズヘアショップから編み込み式かつら取り付けサロンへの移動中に被っていただくものです。)

【ご見学当日】

  • ①ウィズヘアショップにて、編み込み式かつらの取り外しをする
  • ②ご試着・型取りなど
  • ③帽子を被って頂いて、編み込み式かつらのサロンへ行き、取り外したかつらを再度編みこんでもらう

こういった順序であれば、次の日にはいつも通り編み込み式のかつらを装着してお出かけして頂けます。

ウィズヘアショップにて編み込み式かつらを取り外した後、再度編み込みが完了するまではかつらを着けていないことになるので、「やっぱり不安・・・」と思われる方もいらっしゃいます。

どうしても編み込み式かつらを取り外しするのは抵抗がある、という場合は、無理に取り外しをお薦めすることはありません。

ご試着はされなくても、ウィズの製品をご覧いただいたり、触れて頂くことで、品質や毛質をお確かめ頂くこともできます。

お気軽にご相談ください。ご予約もこちらからどうぞ。

お気軽にご相談ください

どうぞご遠慮無くご相談ください。

しつこい営業やセールスは致しません。他社からのお乗り換え多数!

まずはお気軽にお電話ください

0120-969-038

受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

     

メールでご相談の場合

info★katurawith.com

※★は@に置き換えてください。

     

お問い合わせ・来店予約フォーム



   

   

   


     


送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。

お気軽にご相談ください。ご予約もこちらからどうぞ。

お気軽にご相談ください

どうぞ遠慮なくご相談ください。

しつこい営業やセールスはいたしません。他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

     

メールでご相談の場合

info★katurawith.com

※★は@に置き換えてください。

     

お問い合わせ・来店予約フォーム



   

   

   


     


送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。

pagetop
  • 0120-969-038
  • 営業時間9:00~20:00
  • メール