• ウィッグかつらショップ
  • メニュー
かつらよくある質問・Q&A

よくある質問・Q&A

よくある質問
Q&A

Frequently Asked Questions

Ⅰ.かつらの基礎知識

よくある質問Q&A女性用部分ウィッグとは?どんな人におすすめ?

①.女性用部分ウィッグについて

①-1.女性用部分ウィッグって何?

女性用部分ウィッグは、「頭部の一部のみをカバーできるウィッグ」のことです。

女性用部分ウィッグと全ウィッグ

この画像の、左側のウィッグが「女性用の部分ウィッグ」です。

つむじ周りや分け目をカバー・ボリュームアップするために使用します。

医療用ウィッグとして、火傷や事故の怪我の傷跡などで、「後頭部や側頭部などに使用された」「傷跡に合わせた形状にしたい」、というときは、オーダーメイドで特殊な形状にお作りすることもできます。

使用するときは、カバーしたい部位に合わせて装着して、ウィッグの髪と自毛を馴染ませます。

固定方法は、自毛にストッパーピンで留めたり、地肌に両面テープで固定したりするのが主流です。

稀に、ウィッグにマジックテープのざらざらした面を取り付け、自毛に絡ませて固定されるお客様もいらっしゃいます。

①-2.「女性用部分ウィッグ」大きさの目安は?

一言で「女性用部分ウィッグ」といっても、その大きさや形状はたくさんあります。

特にオーダーメイドのウィッグはお客様の数だけサイズ・形が存在します。

フルウィッグハーフウィッグ

左側の図のような揉み上げ・襟足の両方があるがある大きなウィッグは、全ウィッグとして異論はないと思います。

これらは、どのウィッグメーカーでも総じて「全ウィッグ」「フルウィッグ」と呼ばれています。

「女性用部分ウィッグなのか、全ウィッグなのか?」で基準が分かれるのが、右側の図のようなウィッグです。

揉み上げ・襟足部分は無いですが、頭部の広い面積をカバーできます。

フルウィッグほどではないですが、部分ウィッグというには大きいな、と思われるかもしれません。

この、大きいサイズの部分ウィッグはメーカーによって呼び方が異なるようです。

メーカーによっては、大きなサイズでも「頭の全て」をカバーしない場合、「女性用部分ウィッグ」と呼びます。

反対に、頭を広く全体的にカバーできるという意味合いで「全ウィッグ」と分類していることもあります。

ウィズでは、この左側の図のような大きなお椀状ウィッグは「大きな女性用部分ウィッグ」「半ウィッグ」「ハーフウィッグ」などと呼んんでいます。

「半ウィッグ」「ハーフウィッグ」は、ウィズでオーダーメイドのウィッグをご購入いただく際の価格面では「フルウィッグ」同じになります。

ウィズでは料金システム上「縦幅+横幅=40cm以上のウィッグ」は、揉み上げや襟足の無い形状だったとしても「全ウィッグ」と同様の価格が設定されています。オーダーメイドでウィッグを作成される際には、注意が必要です。

例1

 縦幅20cm、横幅16cmのウィッグ=縦横の合計36cm→部分ウィッグ料金

 縦幅22cm、横幅21cmのウィッグ=縦横の合計43cm→フルウィッグ料金

※ウィッグの価格について、より詳しくはこちらをご参照ください。

ご不明点は、お気軽にウィズまでお問い合わせくださいませ。

ご希望のウィッグの大きさや、形状をお教え頂けましたら、お見積りのご案内をさせて頂きます。

②.女性用部分ウィッグがおすすめな人

②-1.おしゃれ用の場合

女性用の部分ウィッグは、トップのボリューム不足や、部分的な白髪が目立ってきて困っている、というときに使用されることが多いです。

  • トップのボリュームが少なくなってきて、いまいち髪型が決まらない。
  • トップのボリュームを出すためにパーマをかけているけど、本当はやめたい。
  • 白髪染めを定期的にしているけど、すぐに根元が白く目立ってしまう。
  • 頭頂部だけ白髪が多いけど、そこだけ白髪染めをするのは面倒・・・。

こういった、「もっと手軽にボリュームが増やせたらおしゃれが楽しめるのに!」「白髪染めの回数を減らせたら楽なのに・・・」というお悩みをお持ちの女性には、部分ウィッグがおすすめです。

②-2.医療用途の場合

医療用途の場合に使われるウィッグは、揉み上げ・襟足まで頭の全てをすっぽりと覆ってカバーする「フルウィッグ」をイメージされることが多いのですが、症状やお悩みによっては女性用部分ウィッグを使用されることもあります。

医療用途で女性用部分ウィッグを使われる場合は、

  • 円形脱毛症で、長年脱毛箇所が一か所で、変わらない
  • 火傷、怪我のあとをカバーしたい
  • 抜毛症で、いつも同じ場所だけ髪を抜いてしまう

などで、脱毛箇所が変わることが無かったり、現状より広範囲にならない、という方が多いです。

火傷や怪我の傷跡をカバーするために、オーダーメイドで傷跡に合わせた特殊な形状のウィッグを作成したこともあります。

③.オーダーメイドとセミオーダーの女性用部分ウィッグ

③-1.こだわりたい方にはオーダーメイドの女性用部分ウィッグ

こだわって世界に一つの自分だけの女性用部分ウィッグを作りたい、という方にはオーダーメイドでの作成がおすすめです。

オーダーメイドの場合は、納期が35~50日程頂くようになります。

既にウィッグを持っている方や、日にちに余裕をお持ち頂ける方向けです。

オーダーメイドのメリットは

  • 型を取って作成するので、お悩み部分にぴったりのサイズになる。
  • 毛色、毛量、白髪の量など、細かな部分まで自由自在。
  • 装着方法もお好みに合わせてカスタマイズ可能。

である点です。

こういったメリットに対して、オーダーメイドのデメリットは、

  • 作成期間がやはりある程度かかるので、お待ち頂く必要がある

という点です。

③-2.お急ぎの方にはセミオーダーの女性用部分ウィッグ

すぐに女性用部分ウィッグを使いたい方には、セミオーダーのウィッグがおすすめです。

最短で、ご来店日当日にお持ち帰り可能な女性用部分ウィッグですので、次の日のお出かけからすぐにお使い頂けます。

毛色・毛長さ・サイズなど、豊富なラインナップをご用意しております。

また、「セミオーダー」と名前がついていますが、デパートなどで良く見かける「カットされた既製品のウィッグ」とは異なります。

全くカットをしていないまっさらな状態の部分ウィッグを、提携美容室にてご希望の髪型にカット仕上げしてお渡しいたします。

ヘアスタイルにこだわりたい女性にも、きっとご満足いただけるかと思います。

セミオーダーの女性用部分ウィッグのメリットは

  • 作成期間を待たずに、早く手に入る
  • よくある既製品ウィッグと異なり、ヘアスタイルの自由度が非常に高い
  • 毛色や白髪の量など、ラインナップが豊富でぴったりのウィッグを選べる

という点です。

反対に、セミオーダーの女性用部分ウィッグのデメリットを上げるとするならば、

  • オーダーメイドのように細部に至るまでカスタマイズすることはできない
という点です。

男性用かつら

女性用ウィッグ




お 名 前必須

Eメール必須

電話番号必須






送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。
-->
   

どうぞ遠慮なくお問合せ下さい

お気軽にご相談ください

ご予約やご相談もコチラから承っております。

しつこい営業やセールスはいたしません。 他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • お気軽にお電話ください!0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

     

メールでご相談の場合

   

info★katurawith.com

かつらウィッグお問合せ

     

お問合せ・来店予約フォーム

ご希望の内容を選択して下さい 必須

お問合せ(オンライン相談)
来店予約(サンプル見学・ご相談)
来店予約(オーダーメイド検討)
来店予約(即納セミオーダー検討)

   お問合せ(オンライン相談)
   来店予約(サンプル見学・ご相談)
   来店予約(オーダーメイド検討)
   来店予約(即納セミオーダー検討)



お 名 前必須

Eメール必須

電話番号必須






送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。
来店予約お問合せ
来店予約お問合せメール

来店予約お問合せ電話

pagetop