• 電話
  • メール
  • メニュー
new

女性ウィッグの装着
簡単に着けられます!

女性ウィッグ着け方手順0

女性用ウィッグの装着

女性用ウィッグの装着

Withお薦めウイッグ装着方法
ストッパーやテープにて装着します

Withお薦めウイッグ装着方法
ストッパーやテープで
ウイッグを装着


女性用ウィッグはストッパーピンや両面テープで簡単に着けられます。着脱の為の定期メンテナンスも必要無く、コストがかかりません。ウィッグを着けるのは難しくありませんよ♪




  • 女性ウィッグ着け方手順1
  • 女性ウィッグ着け方手順1
    ウイッグの前後の確認
    女性ウィッグ着け方手順1
    ウイッグの前後の確認

    はじめにウィッグの前側・後ろ側を確認した上で装着します。ウィズ製品の場合、基本的に後ろ側に品番タグが付いています。品番タグを目印に装着すると良いです。つむじや分け目がある髪型のウィッグの場合は、つむじや分け目の位置を目印にするのも良いです。

  • 女性ウィッグ着け方手順2
  • 女性ウィッグ着け方手順2
    付け位置の確認
    女性ウィッグ着け方手順2
    付け位置の確認

    鏡を見ながら、ウィッグの付け位置を確認します。おでこの生え際が広すぎたり、狭すぎたりすると不自然に見えてしまいます。いくらウィッグの品質が精巧でも、付ける位置によっては「残念」という印象になってしまうことも…。最適な着け位置で装着しましょう。

  • 女性ウィッグ着け方手順3
  • 女性ウィッグ着け方手順3
    前側の固定
    女性ウィッグ着け方手順3
    前側の固定

    あなたのベストな付け位置を確認できたら、前側を留めます。ピン装着の場合、ピンのくし部分を頭に対して直角に立て、頭の丸みに沿わせながら、ご自身の髪にくし部分をすくうように差し込みパチンと留めます。

  • 女性ウィッグ着け方手順4
  • 女性ウィッグ着け方手順4
    後ろ側の固定
    女性ウィッグ着け方手順4
    後ろ側の固定

    上からウィッグを押さえ、ベース布地をやや張り気味にして、後ろ側のピンをパチンと留めます。頭頂部に隙間や浮きができないように着けるのがポイントです。

  • 女性ウィッグ着け方手順5
  • 女性ウィッグ着け方手順5
    横側の固定
    女性ウィッグ着け方手順5
    横側の固定

    中央部が浮かないようにかつらを上から押さえ、ベース布地がたるまないように軽く引っ張りながらピンを留めます。ピン留めがゆるいとウィッグが不安定になってしまいます。ピン留めがキツイと自毛が引っ張られて頭が痛くなることがあります。適度な締め付けとなるようにピンを留めます。

  • 女性ウィッグ着け方手順6
  • 女性ウィッグ着け方手順6
    逆サイドの固定
    女性ウィッグ着け方手順6
    逆サイドの固定

    商品によりピンの個数が異なる為、お手持ちのウィッグに合わせて留めていきましょう。テープ留めの場合は、ご自身の薄毛の状態にあわせてお好みの位置でテープを貼り付けましょう。

  • 女性ウィッグ着け方手順00
  • 女性ウィッグ着け方手順7
    整え仕上げ
    女性ウィッグ着け方手順7
    整え仕上げ

    目の粗いブラシでスタイルを整えて完成です。ご自身の髪とウィッグの髪が馴染むようにスタイリングするのがポイントです。手グシでふんわり空気感を出しながら整えるのもGOODです。

    With指定ブラシがお薦めです。

女性ウィッグ装着 ご確認・注意事項

ピン・両面テープ等の取付け具についてはWith指定品の使用を推奨します。取付け具の取り扱い方法によっては髪が絡まり、製品や自毛や地肌を痛める場合がありますのでご注意下さい。両面テープや接着剤をご使用の際は、皮膚をよくお拭き下さい。取付け具を同じ位置で一定期間使用していると、頭皮(皮膚)に影響が出たり、自毛やウィッグの毛が抜けやすくなったりする場合があります。定期的に留める位置を変える事をお薦めします。就寝時や入浴時はウィッグを外してお過ごし下さい。ウィッグ着用に際して、製品自体や装着具の影響により皮膚疾患や金属等アレルギー疾患等が出るおそれがある方は、ご使用をお控え下さい。





女性ウィッグ 髪型スタイル



女性ウィッグを固定する方法は主に『ピン留め』『両面テープ留め』『接着剤での貼り付け』『くくり付け(編み込み)』の4種類があります。 いずれの固定方法にも長所と短所があります。 ウィッグは毎日着けるもの。装着力や安定感も大切ですが、ご自分の薄毛具合や頭皮の健康状態なども考慮して選ぶことをお勧めします。 詳しくは『女性ウィッグの装着方法』をご覧下さい。




ウィッグ初心者さん必見
ウィッグ装着手順 Q&A

ウィッグ初心者さん必見
ウィッグ装着手順 Q&A


女性ウィッグは消耗品で約2~3年で寿命となります。日々の装着や使用方法によって劣化やダメージが生じ、耐久性が変わってきます。ウィッグ初心者必見!ウィッグ質問Q&Aをご覧下さい。


Withのウィッグは基本的に両面テープかピンを使っての装着をお薦めしています。
ご自身の髪の量や薄毛の状態により異なりますが、 おでこは両面テープで付け、横と後ろはピンで留める、というようにピンと両面テープを併用して装着する場合もあります。
お肌へのダメージを考慮してお薦めはしてませんが、接着剤でかつらを固定する方法もあります。
また、編み込み式や長期間の接着タイプなど、連続着用のウィッグは、ウィズでは取り扱っていません。
詳しくは『ウィッグの装着方法は?』をご確認下さいませ。
女性ウィッグ固定用のストッパーピンは「クリップ・ピン金具・留め具」等と呼ばれます。ピンを開いた状態にし、ピンのクシ部分をご自身の髪に噛ませまてパチンと閉じ、ご自身の髪に挟み込む事でしっかりと固定できます。ご自身でワンタッチで手軽に取り外しができて便利です。
かつら留め具ストッパーピン開閉
ストッパーピンで固定するウィッグの場合、事前に全てのピンを開いた状態にしておきます。ピンの両端を持ち、中央部を指で軽く押すと、パチンとピンが反り返り、簡単にクシ部分が開きます。
かつら留め具ストッパーピン

With推薦ピンがお薦めです。

女性ウィッグ固定用の両面テープは、医療現場でも使われるお肌に優しい素材のテープです。テープの片面をウイッグ裏面のコーティング(樹脂)部分に貼り、もう片面は頭皮(地肌)に貼り、ウィッグと頭皮を接着します。スキンヘッドのようにピンが留められないという方にテープ固定が便利です。
かつら装着ウィッグ用両面テープ
両面テープで固定するウィッグの場合は、予めカツラ内面にテープを貼っておきます。テープの面積が大きい場合、適度なサイズに小さく切ってピンポイントに貼り付けて使用すると良いです。
かつら固定用両面テープ

With推薦テープがお薦めです。

ウィッグを着ける際に気になるのは『自然に見える』という点です。
せっかくウィッグを付けたのに不自然に見えてしまうのは残念なことです。
あなた自身の薄毛の状態や年齢に応じて、自然でしっくりくる留め位置や装着のコツを見つけてみて下さい。
詳しくは『ウィッグを自然に見せるには?脱バレバレ装着方法テクニック』をご覧下さい。
ウィッグを着けたまま髪を洗うのは、毛がらみや傷みの原因となりますのでお勧めできません。
基本的にはウィッグを頭から外して「ウィッグ単体」をシャンプー洗髪するようになります。
旅行やゴルフの時や温泉や銭湯など、 どうしてもウィッグをつけたままお風呂に入らなければいけない時は、工夫や注意が必要になりますが、普通に浴槽につかっていただくのは問題ないです。
お風呂をあがった後、個室やトイレにてしっかりケアをしてください。
また、寝ぐせや脱毛の原因となりますので、就寝時も外してお過ごし下さい。
詳しくは『ウィッグを着けたままお風呂・温泉には入れるの?』をご覧下さい。
ウィッグを着けたままのスポーツは、ジョギングやゴルフやテニスなどの軽い運動は問題ないです。
サッカーのヘディングやマット運動のでんぐり返しなど、頭に直接摩擦や負荷が加わる場合、ウィッグがずれたりする可能性があるのでお薦めできません。
水泳も水中に潜った際に水圧等で外れる可能性があるので避けた方が良いです。
プール等ではウィッグを外してスイミングキャップ等で過ごされることをお薦めします。
また、寝ぐせや脱毛の原因となりますので、就寝時や入浴時は外してお過ごし下さい。 詳しくは『ウィッグをつけたまま、運動や水泳はできる?』をご覧下さい。
他のウィッグメーカーで「連続着用ができ、ずっと付けたままが可能!」と宣伝している会社さんがあります。
付けたままの連続装着が可能な女性ウィッグは、自毛に編み込みする「編み込み式」と、強力な接着剤や特殊テープで貼りつける「貼り着け式」があります。
連続装着が可能なウィッグは、外れたりする心配がなくて便利と思われる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、実際に連続装着のウィッグ経験のある方の中には、様々なトラブルが・・・とよくお聞ききします。
頭皮とウィッグを接着剤で固定する為、通気性が無く、 頭皮がかぶれたり肌荒れを起こす原因にもなります。
また、ウィッグ製品を休めることができないので、傷みも早く耐久性も短くなりがちです。
Withでは、頭皮と髪のダメージを考慮して、着脱式のウィッグを推奨いたします。
詳しくは『ウィッグの連続着用はできますか?』をご覧下さい。



女性ウィッグお手入れ
日々のメンテナンス方法

女性ウィッグお手入れ
日々のメンテナンス方法



女性ウィッグをお探しの方からよくお問い合わせ頂くご質問は『外れないか・ズレないか・バレないか?』といった内容です。ウィッグの装着方法は「ピン留めの方法」「両面テープ止めの方法」「接着剤での固定方法」「くくりつけての固定方法」などがあります。最初は少し練習やコツが必要な場合もありますが「思ったよりもすぐ慣れました!」という感想を多く頂戴しています。ウィッグ本体とご自身の頭の髪や頭皮とを“安定した状態で”装着すれば、簡単に取れてしまうということはないです。 詳しくは『ウィッグ着脱するのは難しい?ピンのつけかた・外し方』をご覧下さい。




かつらメンテナンス・ウィッグ備品の通信販売(通販)

ウィッグメンテナンス品一覧

ウィッグメンテナンス品一覧



かつら用備品オンラインショップ商品一覧

かつら用ストッパーピン(ウィッグ用クリップピン)


かつら装着用両面テープ・ベース補強テープ・接着剤


かつら用シャンプー・トリートメント・ヘアワックス


かつらセット台・ウイッグ台・その他



▲クリックすると通販オンラインご注文ページが開きます


お支払方法や送料・代引き手数料などのご注文内容の詳細は、ご注文後の Eメール(自動返信メール)にてご案内致します!

通常、1~2営業日以内にご注文商品を発送いたします。
外装箱や梱包には、社名を伏せて発送しております。ご安心下さいませ。発送伝票も社名を伏せて、「ウィズ宮崎」の個人名を記載しております。「かつら」や「ウィッグ」という品名の記載も伏せてお送り致します。



  


女性ウィッグをご検討の方は全国のWith提携ヘアショップへ是非ご来店ください。
詳しくは『かつら専門店・ウィッグ販売店舗』をご覧下さい。




この記事『女性ウィッグの装着 簡単に着けられます!』は、かつら取扱い歴20年以上のウィズのスタッフが執筆しお届けしています。


共有シェア&フォロー大歓迎♪
よろしくお願い致します!



女性ウィッグの付け方【初心者さん必見】カツラ装着方法 関連記事






   

★どうぞ遠慮なくお問合せ下さい

お気軽にご相談ください

ご予約やご相談もコチラから承っております。

しつこい営業やセールスはいたしません。 他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • お気軽にお電話ください!0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

お問合せ・来店予約フォーム

・ご希望の内容を選択して下さい 必須

お問合せ
来店予約(サンプル見学・ご相談)
来店予約(オーダーメイド検討)
来店予約(即納セミオーダー検討)

   お問合せ
   来店予約(サンプル見学・ご相談)
   来店予約(オーダーメイド検討)
   来店予約(即納セミオーダー検討)



・お 名 前必須

・Eメール必須

・電話番号必須



・認証チェック必須





送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。


メールでご相談の場合

info★katurawith.com

かつらウィッグお問合せ

かつらウィズ20th
来店予約お問合せ
来店予約お問合せメール

来店予約お問合せ電話
pagetop