• 電話
  • メール
  • メニュー

女性ウィッグ体験談

  • 円形脱毛症治療中の20代女性。メイク方法やお勧めのウィッグアレンジ方法などもご紹介!まっきさん(20代女性)

  • まっきさん
エピソード4

三度目の発症(11歳~現在)

再々発は、小5の夏でした。

バッサバッサと抜けていったのを覚えています。

友達にも「私の机の周り、髪の毛だらけ。あれ、私のなの」って話した記憶も。

今回は、幼いときからお世話になっている個人病院での紫外線治療でした。

けれど脱毛は収まらず、小5の秋、独唱コンクールに出場するタイミングでウィッグを着用しました。

……かわいくないんですよねー。ほんとに。がっつりオカッパで。

何で昔は、あんなに一律なウィッグしかなかったんでしょうねぇ…(・・?)

その髪型は、高3になるまで続きます。

転機は、高3の秋でした。

たまたま、百貨店のウィッグコーナーを通った際に、母親が店員さんから「ウィッグだとわからない髪型にします」と声を掛けられ(つまり、それほどバレバレな髪形だったと)、そこで初めてウィッグを購入→カットしていただきました。

そのころは神田沙也加さんがデビューして話題になっていた時期だったので、あんな感じの髪型にしていただきました。

それがとっても自然で可愛いのなんのって!

化繊のウィッグでしたけれど、髪型ひとつで、印象がまったく変わるということを実感した瞬間でした(≧∇≦)

彼氏からも好評でした(*^^*)

ウィッグだと知らないクラスメイトからも「ストパーかけた?」って聞かれたり。

そういえば、高1のときは、クラスメイトに元・脱毛症の子がいたことも。

彼女は「漢方薬を服用した」と話してくれました。

従姉も高校時代、髪が大量に抜け落ちた時期があったそうです。

従姉は水をきちんと摂る&お茶やジュースは飲まないという方法で体質改善を図ったそう。

ストレスで円形ができてしまった幼馴染もいました。

母も心配のあまり円形ができました……。

また、高校時代は、“ウィッグをかぶらない人たちがいる”ということを知りました。

私と入れ違いで卒業された先輩。女性です。

写真にも、スキンヘッドのままで、笑顔で写っていました。

その先輩が所属していた部活は、全国大会・最優秀賞の常連です。

だから、海外を含め公演も多く、メディアから取り上げられる機会もたくさんあります。

それにもかかわらず、どの写真を見ても、彼女はいつもスキンヘッドでした。

また、電車内でたびたび乗り合わせる、他校の女の子。

とっても薄毛ちゃんでした。

今思えば、彼女は乏毛症だったのかもしれません。

   

★どうぞ遠慮なくお問合せ下さい

お気軽にご相談ください

ご予約やご相談もコチラから承っております。

しつこい営業やセールスはいたしません。 他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • お気軽にお電話ください!0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

お問合せ・来店予約フォーム

・ご希望の内容を選択して下さい 必須

お問合せ
来店予約(サンプル見学・ご相談)
来店予約(オーダーメイド検討)
来店予約(即納セミオーダー検討)

   お問合せ
   来店予約(サンプル見学・ご相談)
   来店予約(オーダーメイド検討)
   来店予約(即納セミオーダー検討)



・お 名 前必須

・Eメール必須

・電話番号必須



・認証チェック必須





送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。


メールでご相談の場合

info★katurawith.com

かつらウィッグお問合せ

かつらウィズ20th
来店予約お問合せ
来店予約お問合せメール

来店予約お問合せ電話
pagetop