• 電話
  • メール
  • メニュー

女性ウィッグ体験談

  • 円形脱毛症治療中の20代女性。メイク方法やお勧めのウィッグアレンジ方法などもご紹介!まっきさん(20代女性)

  • まっきさん
エピソード20

出産時のウィッグエピソード

私の場合は、出産の1カ月前から、切迫早産で入院していました。

全部屋個室の病院でしたので、ウィッグは外し、タオルキャップをかぶって過ごしていました。

看護師さんにも聞かれましたので、きちんと答えました。

先方からすれば、投薬などの影響も考慮しないといけませんので、妊婦さんの体調すべてについて知っておいたほうがいいですしね。

(※通常は申し出なくてもよいとは思います。私の場合は、最初からさくっとウィッグを外していて、隠すつもりはまったくありませんでしたので申告しただけです)

ですので、出産の際もタオルキャップで臨みました。

ウィッグで出産する方もいますが、出産時はウィッグのことを気にしている余裕はないかと思います^^;

(通常分娩の場合。帝王切開や無痛分娩であればまた違うのかもしれませんが、帝王切開もどのみち痛いらしいので……、ウィッグは面倒かもしれないですね)

ちなみに、その後の合同での沐浴指導もタオルキャップで出席しました。

特段突っ込まれることもなく。

皆さん大人ですし、それにたぶん、ヘロヘロで他人に構っている暇はなかったのでしょう(;^_^A

それに、赤ちゃんを抱っこするときは、かならず髪をまとめるよう指導を受けますので、ウィッグを着用するよりはタオルキャップのほうが楽でした。

子育てのうえでは、ウィッグは短いタイプ、もしくはレースウィッグ等のまとめ髪にしても自然なタイプのものが便利だと思います^^

お気軽にご相談ください。ご予約もこちらからどうぞ。

お気軽にご相談ください

どうぞ遠慮なくご相談ください。

しつこい営業やセールスはいたしません。他社からのお乗り換え多数!

  • まずはお気軽にお電話ください0120-969-038

    受付時間9:00~20:00(土日祝日も受付中)

  • メールでのご相談はこちら

    メールでのご相談はこちら

     

メールでご相談の場合

info★katurawith.com

↑ ★は@に置き換えて下さい。

     

お問い合わせ・来店予約フォーム

ご希望の内容を選択して下さい 必須





お名前 必須 



Eメール 必須 



電話番号 必須 






送信後、Withより自動返信メールを差し上げています。

pagetop